サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ レギュラーグリ...

レギュラーグリップへの誘い

師匠曰く
『きれいな音が出れば、何だって良い!』
名言であると思う。

名だたる名ドラマーは、持ち方なんて関係無い。
どちらも素敵で素晴らしい。

自分は、綺麗に演奏しようとか、ハイテクニックを身につけなければとか、
そればかりに執着していて、
根本の『素敵な音楽』を無視していたような気がする。

とは言え、綺麗に演奏しハイテクニックを身につける事は、
とても素晴らしい事だし、表現の幅が広がり豊かになる。

最近、Youtube等の映像を観ると、なぜかレギュラーグリップの人が多い。
そして、間違い無く例外無くその人の演奏は、綺麗でハイテクだ。
憧れてしまうのも、当然と言えば当然なのだろう。
目下トレーニング中であるが、ずっとマッチドグリップだっただけに、
色々と変化が訪れるであろう。
今は、それすらも楽しんでいる状態です。


ってなわけで、続きはレギュラーグリップの名手ったってたくさん居ますが、
その中から、Steve Smith氏の映像をどうぞ!

 

(2008年8月28日(木) 0:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

ドラム塾【舞】
中村"NOBU-san"暢晃 (ドラム)

吉祥寺・中野・荻窪・武蔵小金井

ブログ記事 ページ先頭へ