サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ >じゃあ...

>じゃあ、楽しく練習するとはどうすれば良いの?

昨日の続きで書いてみます。

>じゃあ、楽しく練習するとはどうすれば良いの?

※コレから先はおいらの場合はって云う事で書きます。
皆さんは自分に置き換えて考えてみて下さい。


楽しく続ける=飽きない様にする
と考えます。

?よく曲に合わせて素振りしてました。

この時、おいらの場合は指は、なるべく使いません。
↓↓↓↓↓↓↓

このように指を開いてしまうと
↓↓↓↓↓↓↓

チップ(スティックの先端)と太鼓の皮が合わさる(=音が出る)タイミングに
若干のロスタイムが産まれてしまうと考えるからです。

ココでしっかりと断っておきますが、
指を使うな!という事ではありません。
指を使うと、より繊細にコントロールする事が出来ますが、
それなりのトレーニングが必要と考えます。
まずは、体を動かす事も大事ですが、
音をコントロールする為に!
という部分を大切にしていって欲しいです。
この辺りの詳しい話は、直接お会いした時にお話し致します。
出し惜しみではなく、説明しきれないって意味でねww

?練習パッドを使って早い連打をする時は
 【Highway Star / Deep Purple】で練習してました。


最初は根性で動かしても良いかもしれません(爆笑)
ですが、それだけになってしまっても意味がありませんので、
しっかりとリバウンドを使ったり、力を入れすぎない様にしたり等、
工夫はありますが、
スティックコントロールとは、スティックを科学するって事と、
同じと考えても良いかもしれませんね。
軽く物理の授業と似てるかも?????
コレをやっていた時のテーマは、【曲が終わるまで止まらない!】でした。
残念ながら、僕はあまり得意ではありませんでしたが.....m(_ _)m



ってな具合に曲に合わせて練習する事が、続けて来れた理由です。
でも、精神状態が毎日HAPPYとは限りませんよね。
『財布を落としちゃってよぉ~』とか『彼氏に振られたぁ~』とか、
様々あります。

気分が乗らない時は、何をやっても上手く行きません。
調子が戻ってくるまで、練習しないって事も1つの練習かと思います。
ココで、よく著名人が言ってる、『絵を見たり本を読んだりetc』をすると、
リフレッシュ出来るのではないかと思います。
勿論、気分が乗っている時だって構いませんよ!

頭の中でシュミレーションする事だって、立派な練習になります。

っとこのようにして、24時間しか無い1日の時間を上手く使っていければ、
たとえお仕事中だって、練習する事になりますよね?
僕はこうやってきました。

皆さんも工夫して、自分が飽きない様に工夫して、
太鼓と接してみて下さい。
続きは、僕の大好きな楽曲:Steely Danの『Cousin Dupree』

 

(2008年8月18日(月) 10:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

新着記事

《セッティング》 リハーサルスタジオやLIVE Houseで演奏をする時に、必ずやらなければならない事。 それが、セッティングです。 皆さんは、セッティングはどうしてますか? 自分が気持ちよく叩けるように&直ぐにアンサンブルが出来るようにする為には、どうしたら良いかを考えてみましょ...

さて、フォームの続きです。 西の大御所、東原力也さんの演奏をご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=MwmDaEFM8Es 気合の一撃って感じですよね? また、こちらは、マヌ・カッチェという方の演奏です。 https://www.y...

僕が子供の頃に好きだった野球選手の1人に、 巨人の桑田真澄投手がいます。 なんで好きなのかなぁ〜?って考えてました。 多彩な球種とか、巨人の顔とかあったけど、 あの投球フォームの綺麗さだったんだな!って結論に辿り着きました。 https://www.youtube.com/wat...

先日、僕の師匠のところへ、お借りした機材を返却しに行った時のこと。 あまり時間にうるさくない師匠ですが、 この日は珍しく11時に来い!っと。 もちろん、時間通りに行って、きちんと返却しましたw 師匠はこの後、個人練習に入るから11時に来て欲しかったそうです。 プロは日々の...

おはようございます! 今日は天気が良さそうですね! 昨日は、高校生のLessonでした。 僕が高校生の時は、一番練習していた気がします(爆笑) 電車通学だったので、ウォークマン(古)を聞きながら、 BANDスコアを睨みつけてたモノですw お昼休みは、部室でギタリストとセッシ...

ブログ記事 ページ先頭へ