サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ ステップアップ...

ステップアップの鍵は自分の中にあります。

上手くなりたかったら、自分から練習して下さい。

さぁ、ゴングと同時に暴言とも取れるコメントから、
書き殴ってみました(笑)

要するに、みなさんの上達の為に、
僕が練習しても、上達するのは僕なのです。
貴方が上達を望むのであれば、
貴方自身が練習しないと、上達しません。
まぁ、当たり前の話なんですがねww

昔、自分が学生だった頃の同級生には、
こんな連中が多くいました。
出来ない事を他人・仕事・講師の責任にする輩。

勿論、相性や各々のおかれた環境が違う訳ですから、
個人差があってしかるべきですが、
自分が何もしない・もしくは出来なかった事を、
自分以外の責任にしてしまう事は、
時として逃げになってしまいます。


スクールに通っている。
この現実が在るだけで、上達した気になってしまいがちです。
語学留学の為に海外へ行っても、
日本人ばかりと喋っていたら、上達しないのと一緒です。

人間平等に与えられたモノが1日24時間なんです。
この24時間をどのように使うかは、貴方次第です。byハローバイバイ
寝なきゃいけないし、食事しないといけないし、学校や会社に行かないといけないし、
やる事が多いと、その分費やす時間が減ってきます。
でも、僕はその部分に関しては、何も助言が出来ません。
たとえ、30分しか練習出来なくても、
息が止まるくらい集中すれば、ダラダラ2時間練習するより1000倍マシです。

時間配分・ペース配分を各自で見極めて、
上達の為の時間を費やして下さい。

そして、その30分しか練習出来ないけど集中するぞ!って
『腹をくくった部分』が、これから続けて行く上で、
大きな武器と自信に繋がります。

ちと、難しい話でしたね。説教臭くなりまして申し訳なく。
とにかく、楽しく=飽きない様に工夫して時間をこじ開けて練習して下さい。

続きは、大爆発しているスーパーテクニシャンDrummer:
ヴィニー・カリウタ氏の演奏。



じゃあ、楽しく練習するとはどうすれば良いの?


 

(2008年8月17日(日) 12:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

新着記事

《セッティング》 リハーサルスタジオやLIVE Houseで演奏をする時に、必ずやらなければならない事。 それが、セッティングです。 皆さんは、セッティングはどうしてますか? 自分が気持ちよく叩けるように&直ぐにアンサンブルが出来るようにする為には、どうしたら良いかを考えてみましょ...

さて、フォームの続きです。 西の大御所、東原力也さんの演奏をご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=MwmDaEFM8Es 気合の一撃って感じですよね? また、こちらは、マヌ・カッチェという方の演奏です。 https://www.y...

僕が子供の頃に好きだった野球選手の1人に、 巨人の桑田真澄投手がいます。 なんで好きなのかなぁ〜?って考えてました。 多彩な球種とか、巨人の顔とかあったけど、 あの投球フォームの綺麗さだったんだな!って結論に辿り着きました。 https://www.youtube.com/wat...

先日、僕の師匠のところへ、お借りした機材を返却しに行った時のこと。 あまり時間にうるさくない師匠ですが、 この日は珍しく11時に来い!っと。 もちろん、時間通りに行って、きちんと返却しましたw 師匠はこの後、個人練習に入るから11時に来て欲しかったそうです。 プロは日々の...

おはようございます! 今日は天気が良さそうですね! 昨日は、高校生のLessonでした。 僕が高校生の時は、一番練習していた気がします(爆笑) 電車通学だったので、ウォークマン(古)を聞きながら、 BANDスコアを睨みつけてたモノですw お昼休みは、部室でギタリストとセッシ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ