全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,483 ...

#1,483 (11/24)~シンバルの名称♪

おはようございます、北大阪~神戸方面ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

たまにですが、体験レッスン日程を間違えている方がおられます(^_^;)。詳細を必ずお読みになるようお願い致します。

さて、楽器フェアにも出演され電車関係でも有名な向谷さん(元カシオペアのキーボードです)。最近はニコ動とYAMAHAエレクトーンによる「ニコエレ」で有名ですが、ようやくライブ動画を見る事が出来ました。
ライブには神保さんがサポート・ドラマーとして出演され向谷さんとカシオペアの曲を披露。久々に見れて本当に良かったです♪

エレクトーンになっても向谷さんのシンセパッセージは凄いです♪相変わらずのMCも楽しめました。しかし、新型エレクトーンの音ヤバイですね~。ボイス音源がここまで進化するとは♪
ライブが気になる方はYoutubeでもアップされてますので「ニコエレ」と検索してみてください。

さてここからが本題♪前にスネアドラムの構造を紹介しましたが、今回はシンバル・各部の名称です(画像参照)。覚えておきましょう。

①エッジ(クラッシュエリア)
ここを使ってアクセントを出しますが、意外にちゃんと叩いている人が少ないのが現状。
スティックが直角になる程シンバルの負担が大きくなり割れやすくなるので注意しましょう。スローカメラで見るとシンバルは物凄く波打ってるのです。

②ボウ(ライドエリア)
チップでレガートする時に使うエリアです。スティックによっても音色が違うので色々試してみると面白いです。
ハイハットの場合、私はここをショルダーで叩いてます。

③カップ
ここをチップで叩く人がたまにいますが、カップ音をしっかり出したいならショルダー部分で叩くようにしましょう。

簡単に説明しましたがシンバルは奥深い楽器です。色んなメーカーのシンバルを叩いて楽しんでみてはと思います。

#1,483 (11/24)~シンバルの名称♪

(2014年11月24日(月) 2:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ