全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,482 ...

#1,482 (11/23)~個人練習内容♪

おはようございます、北大阪~神戸方面ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

来週も体験レッスンが続いております。この時期にしては連続して新規生徒さんが増えてきました。選んでいただき大変嬉しいのですが、また年末で一旦募集を止めるかもしれません(^_^;)。頑張って残り数名程です、お早めに~。

さて、生徒の皆さんは日頃どんな個人練習をしてますか?私がしているテキストを使った練習内容を少し紹介したいと思います(^_^)/

[スタジオで2時間個人練習する場合]

①スタジオに入るなり、いきなり座って叩いてる方、ダメですよ~♪まずは長く叩けるようにドラムセットの高さや角度を調整しましょう。何よりセッティングが大事です!

②チューニング。出音は響きだけでなく叩いた時の打面の強さなど叩き方にも影響します。実はスティックがよく折れる方はこの時の影響が大きいのです。

③と、ここでようやく叩けるようになりましたが、出来れば軽く手足の柔軟をしておくとより脱力したドラムが叩けると思うのでオススメします。

④オリジナルテキスト「Kanazawa Drum Exercise」から最初にするのはウォーミングアップとしての「Combination Exercise1&2」。いわゆる同時打ちからです。プロでも最初にする練習法です。
私の場合No.1~10まで一度に全てします。テンポ150~200、各5分間ずつ続けます。これだけでも約15分程かかります。

⑤次は「Change Up」。4分~8連までテンポ80~100でアップ~ダウンを繰返し叩きます。ハイハットは2拍4拍パターンと8分パターンの両方で。

⑥その次は「Foot Training1&2」。これもNo.1~20までテンポ80~120で全てやります。手は8Beat→16Beat→4Beatパターンで。

⑦この辺りで50分程になります。次は手足のコンビネーションとして、「Single Bass Drum Beat」と「Double Bass Drum Beat」をします。やり方は⑥と同じです。

⑧約1時間程経ち手足がほぐれたら次にRudimentsの応用を順にやります。アクセントやフラム等を入れ、あえて難しいパターンをゆっくりから確実にします。これだけで30分はかかります。

⑨残り30分程で時間があれば楽曲演奏をします。そう、私の練習はほとんど基礎練習の反復です。
ギリギリまでせず片付けの時間も考えておきましょう。

2時間でこれだけ練習出来ます。内容の濃い練習をして上達しましょう♪

 

(2014年11月23日(日) 0:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ