サイタ音楽教室ドラム教室滋賀 Shu'sドラムスクール スクールブログ 4つのストロー...

4つのストローク

朝夜と日中の温度変化に対応できず風邪をひきましたしゅうですこんにちは。

ヒートテック、カッターシャツ、セーター、もこもこのアウター着てちょうどです(笑)

手洗いうがいも徹底しなといですね!


さてさて今回は4つのストローク編です。


ドラムというのは音階がないので基本的には強弱でしか音楽を表現できません。


8ビートの場合言えばスネアはアクセントになります。
ハイハットも8分音符を叩きますが、2,4にアクセントをつけることによってノリがでてきます。


フィルインの場合
例えば16分音符で

> >        > >
タカタカ、タカタカ、タカタカ、タカタカ


この部分を強くすると変わって聞こえます。


アクセントをつける際に重要になるのがスティックの位置です。

高いところから下ろすと大きな音がでます。
そのため小さい音は低い位置で止めている必要があります。


ここで出てくるのが4つのストロークです。


1、フルストローク F
 高い位置から高い位置に戻す

2、ダウンストローク D
 高い位置から低い位置に止める

3、アップストローク U
 低い位置から高い位置に戻す

4、タップストローク T
 低い位置から低い位置で止める


これがとても重要となります。

アルファベットは略です。


例えば先ほどのフレーズで4つのストロークを当てはめると

       > >        > >
    音符:タカタカ、タカタカ、タカタカ、タカタカ
ストローク:FTDT  TTUT  FTFT  TTTT
    手順:RLRL  RLRL RLRL  RLRL

となります。

アクセントを付けるためにその前の音符でスティックをあげる必要があります。

そのため、2拍目の3つ目はアップストロークとなります。


逆にアクセントにしないためには低い位置で止める必要があるわけですよね。

1拍目の3つ目はダウンストロークとなります。


左手はアクセントを付けることがないのでタップストロークですね。


という具合でアクセントをつけるために必要な4つのストローク
これはドラムを演奏する上で常に付きまとうことなので
是非基礎練習に取り入れてマスターしましょう!


レッスンでは実際どのように使っているか、
ストロークをする上での叩き方をその人にあったレッスンをさせてもらいます。



基本的なルーディメンツの紹介をしたと思います。


では次回までごきげんよう~♪

 

(2014年11月22日(土) 15:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

目標に合わせた練習方法を一緒に考えます!ポップス~ラテン系まで対応可

新着記事

2月にもなって仕事終わり車のワイパー動かしたらフロンドガラスが凍っていて焦ったしゅうですこんばんわ。 昼間吹雪いていたのは見たのですが、まさか夕方にフロントガラスが凍るとは思いませんでした・・・ 解氷スプレーふんだんに使いました(笑 さて今回は基礎練習~アクセント...

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 年明けてからぐっと寒くなりましたね。 雪もすごくて車で一回スリップしてかなりヒヤッとしました。 前回バスドラムの踏み方の続きを書きますと言いましたが、 文字で表すのは難しいので今回はなしにします。 ...

まもなく今年が終わろうとしてますね。 一年というのは早いものですねぇ(しみじみ 残りもまだ仕事残ってるので頑張りますよ! てなわけで今回はバスドラムの踏み方編です!! 簡単に踏み方は2種類あって 「ヒールアップ奏法」 「ヒールダウン奏法」 というのがありま...

最近ぐっと寒くなりましたね。マイカーのタイヤ交換全然行けなくてとても焦っていますしゅうですこんばんは。 北の方ではすごい雪ですね。 まだ滋賀の南は、朝気温1度とかですが雪とかはまだですね。 車はスリップ事故、寒さによる体調管理もしっかりしていきたいですね。 既に僕は鼻水ジュルジ...

朝夜と日中の温度変化に対応できず風邪をひきましたしゅうですこんにちは。 ヒートテック、カッターシャツ、セーター、もこもこのアウター着てちょうどです(笑) 手洗いうがいも徹底しなといですね! さてさて今回は4つのストローク編です。 ドラムというのは音階がないので基...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ