全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ アプリの活用

アプリの活用

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。


DAWソフトほどではないにしてもスマホアプリを活用することで練習環境をより良くすることが出来ます。

私がよく使うのは次の2つのタイプ。


1.曲のテンポを変えるアプリ
無料でいくつもその手のアプリがリリースされています。

ただしアプリによっては10%以上テンポを変えると音質劣化が激しく使い物にならないものもあります。いくつか試してみて使い勝手が良く音質劣化が出来るだけ小さいものを選びましょう。


2.範囲を指定してその間を繰り返すアプリ
これも無料アプリがたくさんあります。

苦手箇所を克服するためには同じ部分を何度も繰り返し練習する必要がありますが、いちいち音源を止めて元の位置に戻して...などとやっていたら効率が悪すぎます。

アプリを活用して練習時間を有効に使いましょう。



スマホアプリでテンポを落として練習する場合は注意が必要です。テンポを落とすと基本的にリズムキープは難しくなります。

クリックなどのガイドが無いのでよほど高い集中力が無いと原曲と自分のドラムがズレてしまいます。

出来るだけ音源とズレないようにしっかり集中して練習しましょう。


それにしても便利な時代になりました。以前はパソコンが無ければ出来なかったことがスマホアプリでほとんど出来るようになりました。

スマホ世代のみなさんは実感が無いかも知れませんが、私が若い頃はケータイもスマホもインターネットも無かったし、パソコンは専用の言語を覚えないと扱うことは出来ず、動かせたとしてもこんな高度なことは出来ませんでした。

本当に隔世の感があります。


そういえばつい先日、練習の時にいつも使っていた電子メトロノームを引退させました。

1万円近く出して買ったものですが、スマホのメトロノームアプリばかり使ってここ最近は全く出番がありませんでした。

もちろんハードの良さもありますし、このメトロノームでしか出来ないこともあります。

けれどスマホでやりたいことが90%以上出来るのでわざわざ持ち歩こうとは思いません。

これも時代ですね。

 

(2014年11月20日(木) 16:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ