サイタ音楽教室ドラム教室東京 タツイミキヤのドラム教室 スクールブログ ドラマーになろ...

ドラマーになろう!

さて、ドラムを叩いてみたいなーと思ったら、まず必要なのはスティックですね。
楽器屋さんに行くと、ものすごーくたくさんのスティックがあるからびっくりすると思います。

材質、長さ、太さ、先端の形状など演奏したい音楽のタイプに合わせて多くのスティックが並んでいるのです。

いろんなスティックを実際に握ってみると、なんだかウキウキするような気持ちになってきますが、実際にどれを買えばいいのか悩むと思います。

ちなみに長くて太いスティックはワイルドで大きな音が出ますが、繊細なプレイはやりにくいです。
逆に短くて細いスティックは小回りが利くけれど音量は出ません。

材質はヒッコリー、オーク、メイプルなどが代表的です。
それぞれ重さや密度が違い、音色に影響するというわけです。

バランスがよくオールマイティなジャンルに対応できる代表選手はPearl社の「110H」が有名です。長さ、太さは標準的で先端のチップと呼ばれる部分も柔らかな楕円形。どのようにしてドラムを打っても比較的均等な音が出ます。

ちなみに涙型のチップは叩く角度によって音色の表情がガラリと変わるので若干上級者用ということになるかもしれませんね。

もちろん手に持ってみてグリップの感触がいい物を選ぶとよいと思います。
「110H」は全体的に透明な塗料が塗られているので多少ツルツルしています。
掌に汗をかきやすい人なんかは同じような形状で滑りにくいものを探してみるのもいいかもしれません。

「これにしようかなー」
と大体ほしいスティックが絞り込めて来たら、いくつかの点検を行います。

まずは目でよく見る。木目が不自然だったりすると折れやすいです。また見ただけで随分と曲がっているものもあります。まっすぐなスティックじゃないと非常に叩きにくかったりするのでよく見てください。
場合によっては床に転がして点検することもあります。グイングインとおかしな転がり方をするものはNGです。

あとは重さ。同じモデルのスティックでも結構重さが違ったりします。
お店によっては量りを用意しているところもあるので、なるべく均一な重量のものを選ぶのがいいです。
といいながら、重さに関しては僕自身あんまり気にしないですけど(笑)

スティックが手に入れば、まずはドラマーとしての第一歩はクリアです。

そうなると、早く実際に叩きたくなりますよね。
楽しみはこれからです(笑)

 

(2014年11月19日(水) 21:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

年1回武道館でのフェスにてドラムを担当!音楽を操る感覚を味わいませんか

新着記事

ドラムコーチのタツイミキヤです。 2月は「Broken T.Vライブ」「バーベキュー和佐田さんとセッションライブ」「沖野俊太郎さんのレコーディング」「川合栄次君ライブ」「Al Van She's Comingライブ」「ミムラスライブ」とさりげなく多忙な日々を送りました。 曲を覚える...

どうも!ドラムコーチのたついみきやです。 やたらとバタバタする日が続いておりましてブログの更新が遅れておりました。 先日は武道館にも出演してきましたよ。いやー素敵な経験でした。 さて、ドラムを始めるにあたって、まず挑むべきなのは8ビートではないかと思います。 難しいことはさてお...

どうも!ドラムコーチのタツイミキヤです。 先日は高円寺でのライブにカホンで参加しました。 カホンは箱形のパーカッションで、叩くとまるでドラムのような音が出ます。 アコースティック形態のライブでリズムが欲しいけどドラムではちょっとうるさいなあという時にとても重宝する楽器なんです。 ...

さて、ドラムを叩いてみたいなーと思ったら、まず必要なのはスティックですね。 楽器屋さんに行くと、ものすごーくたくさんのスティックがあるからびっくりすると思います。 材質、長さ、太さ、先端の形状など演奏したい音楽のタイプに合わせて多くのスティックが並んでいるのです。 いろんなスティ...

昨日は下北沢MOSAiCにて岸上規男のライブでした。 いやーとても楽しかったです。 今回は先日このブログに書いたとおりデジタルチックなドラムをを意識しつつも、どっしりとしたビートを供給できるよう気をつけました。 結果、初期のレディオヘッドのような雰囲気をある程度出せたかなと思...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ