全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 弱い立場

弱い立場

所詮我々演奏者なんてよほどのビッグネームで無い限り弱い立場なのですよ。

某女性演奏家があるライブハウスから出演をドタキャンされた件。

なんでも「ノーギャラでやってくれる人が見つかったからバラしで」というメールであっさりその日の出演が無くなったとか。

※バラし=スケジュールをいったん白紙に戻すこと

音楽業界も広いのでまっとうなビジネスをやっている所もありますが、普通の企業ならあり得ないような、契約違反が日常的に行われている現場もあります。

口約束でもメールでのやり取りでも契約は契約。上記の例などは本来であれば違約金が発生する案件です。

それがメール一本であっさりなかったことになる世界。

ホント嫌になりますね。けれどこんなケースは珍しくありません。

それどころか

「うちはお前らのような売れないアーティストに演奏する場所を提供してやってるんだ。有り難く思え」

と約束を反古にする事に対して全く罪悪感を感じない人もいくらでもいます。

けれどそこを非難しても始まらないのです。「嫌なら出なくていいよ。お前の代わりなんかいくらでもいる」と言われて終わりです。

そういう非人間的な扱いを受けたくなければそれだけのステイタスをもった存在にならなければなりません。

お店の方から「出演してもらえませんか」と言われる存在にならなければなりません。

厳しいけれどそういう世界です。

頑張りましょうね。


■追記
もちろんアーティストが売れていようが売れていまいが誠意を持って接してくれる店のオーナーさんもいくらでもいますよ。そういう人と出会えるといいですね。

 

(2014年10月27日(月) 22:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ