全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,454 ...

#1,454 (10/26)~Single Hand 16Beat♪

おはようございます、北大阪~神戸方面ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

16Beatは両手で刻むリズム・パターンだけでなく、ミディアムテンポの楽曲ではSingle Hand=片手で16分を刻むパターンもあります。
「おかえり/絢香」のドラム・パターンを例に上げてみます(画像参照)。

譜面は最初から[A]メロ(歌)が入るまでのイントロ部分。上段がオリジナルの片手16Beatパターン。楽曲を聴くと16分でハイハットを叩いているのが聞こえると思います。しかし両手で叩いてもこのノリは出ません。

ハイハットのアクセント位置が8分の所に入ってます。つまりノリ的には8Beatを感じて演奏するのがポイントです。ですので、まずは下段のハイハットを8分にしたパターンで練習しノリを習得しましょう。
意外にフットワークも難しいのでハイハットのラインに対してバスドラムの位置が何処に入るか分かるようにしましょう。

ハイハット8分パターンが出来たら、上段の16分パターンにチャレンジしますが、8分のアクセント位置がダウン、16分ウラの位置がアップするストロークで叩くようにするのがポイントです。そうすると片手独特のノリが出て良い感じに演奏出来ます。

中級レベルのテクニックですが、頑張ってチャレンジしてみましょう♪

#1,454 (10/26)~Single Hand 16Beat♪

(2014年10月26日(日) 1:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ