全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ レッスンのイン...

レッスンのインターバル

「レッスンは週一回受けた方がいいんでしょうか」
「次のレッスンはいつくらいにしたらいいんでしょうか」

と、レッスンの頻度について聞かれることがあります。

というわけで今回はレッスン頻度についてご説明します。


一番分かりやすい説明としては

「生徒さんが金銭的に無理をしない範囲でなるべく多くレッスンを受ける」

です。


レッスンは回数を多く受けた方が当然伸びる速度は速いですが、金銭的に無理をして生活をあまりにも犠牲にしてしまっては、精神がまいってしまってドラムどころではありません。

それでは本末転倒。


とは言えレッスンとレッスンの間があまり開き過ぎるのも好ましくありません。特に初心者の頃は出来ればあまり間を開けずに来て欲しいんですね。

なぜならドラムを始めたばかりの頃は「自己チェック」というものが出来ないのです。

「確か先生はこんな風に言ってたよなぁ」
「これで合ってるのかなぁ」

なんて半信半疑状態で練習をしていたら、実は全然間違っていたなんてことがよくあります。

先生に言われたとおりやっていたはずが、次のレッスンで見てみたら「えっ?そんなこと教えてないんだけど?」みたいなことになっている生徒さんが珍しくありません。

ですから初心者のうちは出来るだけ多めにレッスンに入って欲しいんです。


ただ、どうしてもスケジュールや経済的な事情でそれが難しい方は是非メッセージを活用してください。

ある生徒さんは譜面を書いてきては「チェックをお願いします」と言って私に送ってきます。

それを見て私がアドバイスを送り、またその生徒さんは書き直してくる。

そんなやり取りをしています。

例えば自分が叩いている映像をYoutubeにアップして、そのURLを私に教えてもらえれば、私がそれを見てアドバイスを送ることが出来ます。

そのくらいのワンポイントアドバイスは私はOKなので、困ったことがあったらメッセージでいろいろと質問や相談を送ってきてください。

一人であれこれ考えて迷路にハマって悩んだり、間違ったやり方で練習を続けては時間がもったいないですよ。

 

(2014年10月24日(金) 10:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ