全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 情熱の人「井原...

情熱の人「井原慶子選手」

※ここ数回は富士スピードウェイの特設ステージでライブをやった話を書いております。

今回我々は井原選手を応援するためにライブをやって盛り上げに行ったわけですが、もう井原選手は経歴が凄いんです。

普通は国際レースで走るレーサーは小学生くらいからカートのレースなんかに出場して、そこで良い成績をおさめて、徐々にグレードアップしていくなんていう選手が珍しくありません。

でも井原選手はなんと...

25歳という遅咲きデビュー。しかも元々はレースクイーンだったんですよ?!

レースに出る人ではなく、レースを華やかに彩る存在だったわけです。

けれどレースクイーンとしてレースや様々なレーサーと関わる中で「自分も走りたい!」という気持ちが抑えられなくなって、結局自分もレーサーになってしまったというわけ。

そしてさらに凄いのは...

レーサーを目指す前は元々車の免許も持ってなかったという(笑)。

その状態からよくプロのレーサーを目指すよなぁ...。

普通なら趣味でサーキットを走るくらいはするけど、プロのレーサーは目指さないと思うんですよ。よほどレーサーになりたいという情熱が強かったんでしょうね。


まぁ、そこからは持ち前のガッツで幾多の試練を乗り越え、着実に実績を積み重ね現在の地位を獲得したわけです。

詳しくはWikipediaなどを読んでみてください。


結果論で言えば彼女はレーサーとしての資質があった、才能があったということになります。

けれどおそらく本人は「私は別に才能があったわけじゃない。私より才能豊かなレーサーはいくらでもいる」と言うはずです。

ただ、同時に「『レーサーになるんだ』という強い意志だけは誰にも負けなかったから現在の自分がいる」と答える気がします。


私はよく言うんですけど...

プロのミュージシャンを目指すんだったら才能が無ければ絶対に無理だと思っています。

けれどその場合の「才能」というのは、別に人より演奏能力が秀でているとかそういうことではないんです。

結局のところどこまで音楽に情熱を傾けることが出来るか、なんです。


過去100人以上の生徒を見てきて、中にはそれなりに上手な生徒もいました。

けれどもその誰もプロになっていません。

原因はみな同じです。

「そこまでの情熱が無かった」

これに尽きます。

※もちろん「素質」や「運」や「タイミング」なども関わってきますが、大元となるメンタル(情熱)が無ければ他のどの要素が揃ってもプロにはなれません。


Cytaでドラムレッスンを受けている人の中にはプロを目指している人もいるでしょう。

そういう人は自分がどれほどドラムに情熱を傾けることが出来るか、今一度自分の心に問いかけてみてください。

ドラムの練習をやっている時よりもゲームをやっている時の方が楽しいのであれば、そういう人はプロには向いていません。

厳しいことを言うようですがそれが現実です。


ただ、それは「プロには向いていない」というだけの話ですから誤解しないように。

アマチュアとして楽しく自分のペースで音楽と触れあう分には全く問題はありませんからね。

 

(2014年10月17日(金) 9:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ