全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール・ポリリズム スクールブログ Jamet B...

Jamet Brownのポリリズム

James Brownと言えばファンクというジャンルを確立したことで有名な人で、最高のシンガーでありパフォーマーですね。繰り返されるリフ、シンプルなコード進行でダンサブルなリズム、西洋的な音楽性とは一線を画する黒人音楽ですが、初めはリズム&ブルースを演奏していたJBと彼のバンドが少しずつ確立していった音楽スタイルでした。
特にジョンスタークスのドラミングはかっこ良く、ドラムのビートだけでも踊れて最高にクールでした。

さて60年代にout of sightなどの楽曲でファンクバンドとして人気だったJBでしたが、大幅なバンドメンバーの交代を経てからゲロッパ!で有名なSEX MACHINEという曲ができあがります。

このグルーヴ感が半端じゃない。

シャッフルのリズムとあまりはねてないリズムが同居していてゆらゆらと揺れるリズム、まさにこれこそアフリカ的なポリリズムと言われた複合リズム音楽でした。
このコード進行もなく、繰り返されるギターカッティングとグルーヴィーなリズムセクションの絡みが絶妙で最高に気持ち良いのです。

黒人のリズムがすごいすごいと言われる理由はここにあるのです。
この複雑なリズム感がなかなか再現するのが難しいのですね。

このノリはJBの前ノリ感、ギター絶妙なキレと跳ね、ドラムの裏の取り方、パーカッションの訛らせ方、が複雑に絡み合うのですが、本質はやはりJBのエネルギッシュなボーカルに対応していったことなんではないだろうかと思います。

jazzやhip hopまで黒いグルーヴ感はとてつもなく、何度演奏してももっさりしてしまうような曲でも、ガンガン踊れる曲になってしまいます。

JBのフィーリングをつかめるようになったらあなたもグルーヴマスターかもしれない。

 

(2014年10月14日(火) 22:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ブログ記事 ページ先頭へ