全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,429 ...

#1,429 (10/1)~マナー󾁄♪

おはようございます、北大阪~神戸方面ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

早いもので今日から10月です。秋は食欲の秋でもありますが、芸術の秋でもあります。ドラムを習うなら是非体験レッスンに申込みしましょう♪

http://Kanazawa.cyta.jp

さて、これまで何度も紹介してきてますが、初心者の方に「マナー」についてお伝えしたいと思います。ドラムは叩くだけではダメです。楽器の事や使う環境等周りの事を考えて、皆が気持ちよくドラムが出来るように心掛けましましょう。

●持ち物
ドラマーならチューニングキーは必需品です。肌身離さず持っておきましょう。テンポが確認出来るメトロノームも必要です。スマホのアプリにも沢山あります。

●叩いた後は元のセッティングに
1タムが主流の時代かもしれませんが、2タムセッティングのセットなら必ず元の状態に戻すのがマナーです。

●スタンド関係のセッティング
タムの高さを変える時に気をつけてほしいのは、バスドラムに当てないようにする事。たまに傷だらけのバスドラムを見かけますが、これはセッティングした人が付けた傷です( ̄∇ ̄;)。
ただボルトを緩めると落下するだけです。緩める時は必ず楽器を持ちながらボルトを回しましょう。どんなスタンドも下側から調整するのがポイントです。
ボルトを緩めずに動かす事は絶対にしないように。

●スネアのスナッピーをオフに
スタジオでのリハーサルや本番演奏前等、演奏しない時は常にスネアのスナッピーをオフにしておきましょう。
オンにしたままだと、ギターのチューニングや他のサウンドチェック時に邪魔になってしまいます。ただし演奏前にオンする事を忘れないように♪

●ミキサー
音楽を鳴らしたりマイクを使ったり、音響機器を使う事もあるかと思いますが、ケーブルを抜いたり差す時は必ずボリュームフェーダーを完全に下げてからにしましょう。

●ケーブルやシールド
ドラマーはあまり使わない様々なケーブルやシールドですが、ちゃんとした巻き方があります。ギターの人等に聞いてドラマーでも巻けるようになっておきましょう。又、床にあるケーブルは絶対に踏まないように。

●挨拶が全て
音楽業界では何時であっても、その日初めて会った人には「おはようございます」と言います。逆に帰りは「お疲れ様でした」と言います。挨拶は何より大事です。

●時間厳守
挨拶同様、音楽業界は時間に対して厳しいです。決まっている時間の5分前には到着するようにしましょう。

●勝手に叩かない
ライヴ等ステージに出演する時は事前にリハーサルがあります。リハーサルは練習ではなく音響や照明等のチェックです。現場の人の指示に従い、勝手に音を出したりしないようにしましょう。

他にも色々とありますが、マナーは音楽をする上で基本です。大事にしましょう。

 

(2014年10月1日(水) 3:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ