サイタ音楽教室ドラム教室滋賀 Shu'sドラムスクール スクールブログ 僕の歴史~Pa...

僕の歴史~Part2~

こんばんは!

第2回目のブログ更新です。

前回は高校生までの生い立ちを書きました。
今回はそこ+それ以降のことを書きたいなと思います。


譜面も読めない僕は、最初鍵盤やタンバリンなどの小物担当でした。

当時ドラムがやりたくて部活入ったのに「なんでやねん!」と思いながらも一生懸命練習していました。


でもいろんな楽器をやるというのもすごく大切なことで、ドラムを高校2年生からやり始めたときも「あ!鍵盤鳴ってる!」「タンバリンが入ってきた!」とかに耳が行くようになりました。

人間知らない音っていうのはあまり聴こえないものなんですね。

ギターでもギャイーンンン!!!と鳴らすときもあればトゥクトゥクみたいに細かく音を鳴らすときもあります。やったことや見たことがないとそれに耳は行きません。

なんでもやってみるって大切だなぁと感じる出来事でした。


ドラムもやってみればこの曲はこうしてたのか!とかだんだんわかってくるようになります。僕も毎回気づかされる毎日ですw


そんなこんなで3年間やり普通に4年制大学に行って軽音部に入る予定が、先輩の通っていた専門学校主催のミュージカルに行って魅了されてしまい・・・

高3の夏、親にいきなり「大学じゃなくて音楽の専門学校行くわ」と言ったら
「へ?」と言われw

家族会議を何回もした結果、「やりたいならやればいい。」
という許可をもらい

大阪スクールオブミュージック専門学校ドラムコースに入学しました。


ここではいろんな出会いがありました。
ドラム講師はコブクロのバック以前まで叩かれていた方や、浜崎あゆみのサポートをしていたドラマーさんや、
卒業生では植村花菜さんや、作曲コースではみなさんが知られている有名アーティストさんに楽曲提供していたり、とりあえず刺激がすごかったです。

僕の人生観は大きく変わりましたね。

先ほどミュージカルの話が出てきたと思うのですが、
学校主催で1年に1回やっていまして、場所はNHKホールを借りて生演奏でやっているんですね。

そこで1年生の時は受からなかったのですが、2年生、研究科(3年生)の時はドラムを担当でした。

指揮ありで演者さんに演奏を合わせるのでなかなか大変でしたが、とてもいい経験になりました。

それを経て卒業して音楽活動をしながら様々ななジャンルのサポートをしているという状態ですね。

ジャンルもjazz,latin,pops,Funkや、カホンやジャンベなど使ったイベントもあったり。



そんな感じでした~w

今後は思ったことなどを書いていこうかなと思います。


ではまた~

 

(2014年9月30日(火) 22:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

目標に合わせた練習方法を一緒に考えます!ポップス~ラテン系まで対応可

新着記事

2月にもなって仕事終わり車のワイパー動かしたらフロンドガラスが凍っていて焦ったしゅうですこんばんわ。 昼間吹雪いていたのは見たのですが、まさか夕方にフロントガラスが凍るとは思いませんでした・・・ 解氷スプレーふんだんに使いました(笑 さて今回は基礎練習~アクセント...

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 年明けてからぐっと寒くなりましたね。 雪もすごくて車で一回スリップしてかなりヒヤッとしました。 前回バスドラムの踏み方の続きを書きますと言いましたが、 文字で表すのは難しいので今回はなしにします。 ...

まもなく今年が終わろうとしてますね。 一年というのは早いものですねぇ(しみじみ 残りもまだ仕事残ってるので頑張りますよ! てなわけで今回はバスドラムの踏み方編です!! 簡単に踏み方は2種類あって 「ヒールアップ奏法」 「ヒールダウン奏法」 というのがありま...

最近ぐっと寒くなりましたね。マイカーのタイヤ交換全然行けなくてとても焦っていますしゅうですこんばんは。 北の方ではすごい雪ですね。 まだ滋賀の南は、朝気温1度とかですが雪とかはまだですね。 車はスリップ事故、寒さによる体調管理もしっかりしていきたいですね。 既に僕は鼻水ジュルジ...

朝夜と日中の温度変化に対応できず風邪をひきましたしゅうですこんにちは。 ヒートテック、カッターシャツ、セーター、もこもこのアウター着てちょうどです(笑) 手洗いうがいも徹底しなといですね! さてさて今回は4つのストローク編です。 ドラムというのは音階がないので基...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ