全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ゴールドドラムスクール スクールブログ ドラマーを研究...

ドラマーを研究する7 Rockの劇場監督 Mike Portnoy

マイクポトゥノイ(Michael Stephen Portnoy 1967年4月20日生まれ)は
米国のドラマー、音楽家、作曲家としてプログレッシブ・メタルバンドドリーム・シアターの初代ドラマー兼リーダーとして知られている。

1967年4月20日、米ニューヨークで生まれた。父が地元ラジオ放送局でDJを行っていたために、ビートルズをはじめとする音楽に囲まれて成長した。
独学でドラムを始め、ローカルバンドで実力を研磨した後、バークレー音楽大学に奨学金で合格して学校に入学する。
入学後、偶然練習室でギタリストジョンペトゥルチとベーシストのゾーン名と出会い、ドリーム・シアターの母体となるバンド'マジェスティ(MAJESTY)'を結成する。その後、バンド活動に専念するため、大学を休学して1989年にバンド名を現在の「ドリームシアター」に変えた後、デビューする。

1998年プロジェクトで「Liquid Tension Experiment」を開始する。トニー・レヴィン(ベース)、ジョーダン・ルーデス(キーボード)、そしてドリーム・シアターのメンバーでもあるジョンペトゥルチ(その他)のメンバーとして製作されたアルバムはテクニシャンということだけでも人気を得るが、アルバムを2枚製作した時点でジョーダン・ルーデスがドリーム・シアターの正式メンバーに加入。二バンドが同じメンバーが3人いて存在の意味がないとし、プロジェクトは公式的に解散した。

2000年からは新たなプロジェクト「Transatlantic」を開始する。2003年にメンバー、ニール・モースの宗教上の理由でバンドは一時停止しが、2009年から復活する。
2001年6月からジョンペトゥルチが、居眠りセトゥリアニが率いる「G3」ツアーに参加することによって、ペトゥルチのバンドに合流して、ツアーに同行する。なお、このツアーはジョンペトゥルチのソロアルバムでの曲を主に演奏していたが、ソロアルバム自体ではドラムを演奏するのはポトノイではなくデイブ・ディセンソだ。

2003年からは「Fates Warning」のギターリスト荷物マテオスともに「OSI」を開始する。
2010年5月のアルバム「Nightmare」製作とツアーに参加する。9月、ドリーム・シアターのメンバーとの隔たりによって、自身の公式ホームページ上でバンド結成のオリジナルメンバーで25年間一緒にした「ドリームシアター」から脱退すると発表した。

2012年ビリーシオン、リッチコジェンとともにトリオバンド「The Winery Dogs」を結成する。翌年5月にはアルバム'さらにワイナリードッグス'でデビューする。
最も影響を受けたドラマーはラッシュ(Rush)のニール・パットであり、実際に彼はニール・パットの存在なしには「ドリーム・シアター」は存在しなかったと発言している。ほかにテリーパジオ、ビル・ブラフォード、ビリーコブヘム、ラースウーリー、サイモン・フィリップス、ゾーンボンヘム、リンゴ・スターなどから影響を受けており、バンドではビートルズ、クイーンやピンク・フロイド、メタリカ、アイアンメイドン、ディープパープルなどから影響を受けた。また、デスメタルも聞いて、1994年頃にはラップに心酔していたという。その影響は、同じ時期に発表したアルバム「Awake」などで感じることができる。

「ドリーム・シアター」初期から多くのドラムセットでドラムを演奏するスタイルを確立している。幼い頃から基本的にトゥベイスドラムセットで練習したとビデオで語っている。時代とともにセットは増加する傾向にあり、2000年ごろからはトゥベイス、ウォンベイス2つのドラムセットを一体化させた椅子2つ3つのベース、いすのうしろに鉦(ラ)も含めてほぼドラマーの四方を包囲した巨大なセットを使用している。

しかし、他のプロジェクトなどでは必ずそうではなく、リキッド・テンションエクスペリメンターアルバムツアーもG3ツアーなどではツインペダル1バスセットで整理するなどの簡単なセットも使用している。

1990年代半ばからコーラスも実施している。最近はイルブゴク中でボーカルをしており、その歌唱力の向上もポトノイの音楽性を語る上で大きな要素となっている。
使用するセットはTAMAが多いが、1990年代半ばにMAPEXセットを使用した。
「ドリームシアター」ではリーダーの役割でライブDVDなどでは本人が制作や映像編集にも関与する。例えば「Metropolis 2000:Scenes From New York」の映像特典として入っている各地の場所の撮影のイメージはポトノイ本人が撮影したものだ。ビーズニスの面でも細かく指揮を務め、限定版アルバムを用意することは、彼のアイデアが大きいという。
普段は柔らかい性格で冗談も上手だが、バンド内で意見が対立する時に声を高めたこともあるという。体に入れ墨をしたり、ひげを青や紫色に染色するなど、容姿は他のメンバーに比べて攻撃的だ。

バスケットボールが好きで、ライブの際にはよくNBAチームのユニフォームやそれを模したオリジナル制服などを着ている。「Metropolis 2000:Scenes From New York」のライブの際には背番号「00」を入れたオリジナルのユニホームを着ていた。
自分のサイトとツイッターでファンとの交流をよくしていて、質問に答えたり、意見が合わないファン達の中で熾烈な相互作用を分けることができる。

2012年12月、ツイッター上でファンの'ドリームシオトウに戻りたいか'という質問に'メンバーたちに反論し難い損害を着た今、それは難しい'と答えた。

次に彼が使用する装備について調べてみよう!
最もグンリェラコしたらすぐあの・ワイナリードッグス活動だからかなりシンプルな3人で構成した。
事実、マイク・ポトゥノイを言えば、一番先に浮かび上がってくるのが彼の雄大かつ燦爛たる三日ものだが、音楽傾向がそのためかかなり多くの楽器欲を捨てたようだ。
過去彼の3人を見ると、誰よりも大きな3人と誰よりも優越した技量について来たければついて来てみて形の演奏が多かった。
「えっ?まさかあれを演奏します..」と思うが、実際ほとんどのセッティングされた楽器を演奏する。

表向きには大きくて雄大に見えるが、実際非常に計算的で動きが少ないセッティングになっているという点がフォーカスとすることができた。
マイクポトゥノイの実力は論じることはできないようにして、目に見えるいくつかの彼の演奏パターンを見ると...
ダブルストロークよりはシングルストロークを主に使用するドラマーといえる。シングルとしても十分カバーが可能なタッチを持っているからだろうよ。
バウンス感がかなり良いドラマーの一つだと見られるが、タッチが速く、次の動作につながるモーションが非常に短い。

そのおかげでも速いうえ、正確な動きでストロークをする。
打点ミスが非常に少なく、軽快な音を作り出すタイプを好きなのでもっとシングルストロークを中心のプレーをすることもできるというのが筆者の考えだ。
マイクポトゥノは現在フィラデルフィアで2人の子供と一緒によく暮らしている。

ドラマーを研究する7 Rockの劇場監督 Mike Portnoyドラマーを研究する7 Rockの劇場監督 Mike Portnoyドラマーを研究する7 Rockの劇場監督 Mike Portnoy

(2014年9月24日(水) 17:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

軍楽フェスティバルで演奏も。初心者からプロ志望まで幅広く対応!

ゴールドドラムスクール
金泯錫 (ドラム)

博多・天神/西鉄福岡・薬院・西鉄平尾・赤坂・西新・室見・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ