全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 疲労が抜けない...

疲労が抜けない...

ドラムを連日フルパワーで叩きまくっているので体に疲労が溜まってきて眠いです...


次回のご無沙汰バンド(ジャーニーのトリビュートバンド)のライブが9/19に八王子(Live Bar X.Y.Z.→A)であるんですが曲数が過去最多で20曲以上やるんですよ。完全に本家のジャーニーを上回っています(笑)。

それだけの曲数ですからリハで各曲を1回ずつ演奏し、気になった曲をおさらいするだけで30曲くらい演奏することになります。個人練習で各曲を2回ずつ叩けばそれだけで50曲近く叩くことになります。

これを連日やってるとさすがに疲れも溜まってきます。

もちろんポップスとかだったら毎日何時間叩いても疲れません。でもロックはやっぱり別モノなのです。

ロックの場合は技術だけではなくいわゆるパワー(というかエネルギー)をグッと込めて大音量を鳴らさないとダメだと私は思っているんです。

そして(これは私の身上なのですが)リハだろうと個人練習だろうと曲練習をする時は本番と全く同じテンションで同じボリューム感で叩きます。リハ(練習)だからちょっと軽めにとかいう叩き分けはしません。

そのようなスタイルなので必然的に疲れますね。


年齢の事もありなかなか疲労が抜けなくなってきているので練習後はしっかりクールダウンしてストレッチをやったりして少しでも体の疲労が抜けるようなケアを心がけたいと思います。

みなさんも若いうちはいいですが、歳取るとホントにキツいんで今から気を付けてね^^

 

(2014年9月18日(木) 16:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ