サイタ音楽教室ドラム教室東京 中畑全代 ドラム教室 スクールブログ グルーブとスト...

グルーブとストロークの関係

私は以前まで、グルーブについて研究する時はリズムにばかり耳がいってしまい、このタイミングで叩きたいけど、どうも納得がいかない…練習を録音して、聴いて、本物を聴いて、考えて、また録音して…(無限ループ)

それで改善出来た点はありましたが、100点ではありませんでした。


その後、ある日私が師事しているドラマーにストロークについて指摘され、自分なりに研究したところ、細かなフレーズが叩きやすく、粒立ちが良くなったのはもちろんのこと、なんとグルーブに変化が!!!

粒立ちがよくなったこと&ストロークが少し早くなったことが大きな要因だと感じています。力が抜けて早く振れるようになったことで0.0何秒の世界だと思いますが変化がありました。グルーブはそれらの集合体ですね☆

些細なフレーズ、細かなリズムの揺れ、ダイナミクス…これらを聞き取れる「いい耳」を付けるのが一番大事なのは確かですが、もし、理想のグルーブが自分の中にあるのに上手くいかない場合はストロークの研究をしてみるのもありかもしれませんね☆
それぞれに合った理想的なストローク、一緒に探してみましょう!

 

(2014年9月11日(木) 13:04)
この記事を書いたコーチ

基礎こそ大切、癖がつく前にぜひ!お好きな楽曲で一緒に上達しませんか?

新着記事

私は以前まで、グルーブについて研究する時はリズムにばかり耳がいってしまい、このタイミングで叩きたいけど、どうも納得がいかない…練習を録音して、聴いて、本物を聴いて、考えて、また録音して…(無限ループ) それで改善出来た点はありましたが、100点ではありませんでした。 その後、あ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ