全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 加齢による身体...

加齢による身体の衰えwww

子供とじゃれているだけで息が上がってしまう今日この頃(笑)、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


若い人はまったく意識しないで生活していると思いますが、40歳台半ばを超え、
私もさすがに体の衰えを感じずにはいられない年齢となりました。

筋トレは一応やっていますが、腹筋を毎日120回、腕立て伏せは(かなりきつい
やり方で)5日に一度10×4セットをやっている程度。

持久力系のトレーニングは今はやっていません。

「今は」ということは以前はウォーキングをやっていたのですが、ウォーキング
をやり過ぎて膝や以前からあまり具合の良くない股関節が痛くなってきてしまっ
たので止めてしまったのです。

健康のためにやる運動でかえって体を痛めるという情けなさ(笑)。

でもこれは笑い話ではなくて、誰しも普通に起こることです。それが老化というものであり、どんなスーパーアスリートでどれだけ体を鍛えていようとも避けて通れません。

我々がやっている音楽というジャンルは幸いなことにスポーツほど体力は使わないので老後も自分に合ったレベルで楽しむことが出来ます。

ただ若い頃に無茶なフォームで体を酷使すると40歳代くらいで演奏が出来なくなってしまうケースもあります。

長く音楽を楽しめるように日頃から体のケアをしっかりやって、正しい無理のないフォームで演奏するようにしましょうね。


■追記
「自分は太く短く生きるんだ!ジジイになって演奏出来なくなったって構わない!」というのであればどんなフォームで叩こうが、体をどれだけ酷使しようが別にその人のスタイルですからそれはそれで良いと思います。

 

(2014年9月4日(木) 15:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ