全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 まさひろ ドラム教室 スクールブログ 初心者からのフ...

初心者からのフリーグリップ!

フリーグリップって知ってますか?

まぁスティックの握り方なんですけど、スティックの握り方っていろいろあります。

レギュラーグリップ、トラディショナルグリップ、ジャーマングリップ。

それぞれの握り方に特徴があって一長一短あるのですが、理想では全ての握り方の特徴を知って、演奏する音楽に合わせて握り方を変える。
ってのが1番いいと思います。

で、僕も最近使いはじめたんですけど、フリーグリップってのがチョーオススメです!

簡単にゆっちゃえば、スティックを必要最低限の力で包み込むように握って、スティックの反動を利用して、慣性の力で次のショットに持っていくって感じです。

んーーー(-_-) 言葉じゃ説明し辛い。

このフリーグリップを使えば、手に豆が出来ずにスティックを早く動かす事が出来たり、大っきい音がでせたり、いいことずくめです。
何より、音が綺麗になります。
特に分かりやすいのはシンバルロールの音なんかは、格段の差が!
なんだろ、、、
シンバルの音色を出しつつ、スティックの音色も一緒に出てる感じ。 ってゆうんでしょうか。

僕はシンバルロールする時いつも山木秀夫さんの音をイメージするんですが、すこーし近付けたかな、、、 なんて思いながら演奏してます。
まぁ、あそこまでいくと神ですが。

僕はフリーグリップを最近知ったので、フリーグリップを使ったルーディメントから今、やり直してます。
腕の動きの確認やらアクセントの移動やら、一つ打ち、二つ打ち、ロール、パラディドルやら。

ちなみにモーラー奏法ってのをやりたければ、この持ち方は必要不可欠だとか。

これ、ドラム始めた時に知っとけばよかったなー>_< なんて今更ながらおもってます!

フリーグリップ!

オススメです!

まだ知らないとか、使ってない方は是非!

 

(2014年9月4日(木) 15:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NHK主催全国大会で優秀賞!アルバムを4枚リリースした現役アーティスト

まさひろ ドラム教室
高田真宏 (ドラム)

渋谷・新宿・吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・大久保・初台・笹塚・...

ブログ記事 ページ先頭へ