全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 歌は本当に難し...

歌は本当に難しい

歌が上手な人に憧れます。
尊敬します。


ドラマーなんてやってると

「えっ、ドラム叩けるんですか?じゃ、歌も上手いんですか?」

と言われたり、カラオケで

「どんな歌歌うんですか?楽しみ~!」

と勝手にハードルを上げられることがありますが...



歌が上手かったら歌手やっとるわい(笑)。



歌を上手く歌えるようになるっていうのは、本当に永遠のテーマですね。

海外のミュージシャンなんかだと楽器だけでなく歌もバリバリ歌えて楽器演奏しながらメインボーカルとかとっちゃう人も珍しくありませんが、日本だとまだまだそれは少数派。

楽器専門の人は歌はまぁボチボチというケースがほとんどです。


なんでこんなことを書いてるかというと、一昨日、昨日と自分のバンドのコーラスレコーディングがあったからなんです。

ピアノをやっていたのである程度正確に音程は取れますが「上手い歌が歌えるか」ということとは全く別の話。また声を単独で出して音程が合っていても、オケの中で気持ちの良いピッチで歌えるかはまた別もの。

そんなこんなでこの二日間は本当に大変でした。

そしてこういうレコーディングがある度に「次のレコーディングまでには絶対にもっと上手く歌えるようになりたい」と願うのですが、また次の時も同じようなことを繰り返すのです(笑)。


歌の上達が難しいのはなぜか。

私なりに考えてみるんですけど「メカニズムが目で確認出来ないこと」が大きな要因の一つではないかと思うんです。

ドラムだったら先生が叩いているフォームを実際に見せることや生徒さんが叩いているフォームを我々が見て修正することが出来ます。生徒さん自身に演奏してもらって叩いているフォームを録画して見せて先生との違いをチェックしてもらうことが出来ます。

けれど歌はいわば体の器官を楽器として使うもの(横隔膜だとか肺だとか喉だとか声帯を使って歌うもの)だから、目で見せて指導するということが出来ません。

したがって歌の先生の指導は抽象的なアドバイスが多くなりがちです。

「はい、喉を開いて」
(喉を開くって?)

「頭のてっぺんから声を出すイメージで」
(そんな所から声は出ないっちゅうの)

「お腹から声を出して」
(だからそんな所からは声は出ないっつーの)

もちろんこれは先生が少しでも生徒に伝わるように考えて工夫した結果こういう表現になったのだと思いますが、それでも伝わらない人も大勢いると思います。(私は伝わらなかった派)

私は出来ればファイバースコープみたいなものを喉に突っ込んで先生の喉や声帯を映して見せて欲しいんですよね。そして私の喉にもそれを突っ込んで「ここがこんな風に違うでしょ」という風に目で見て分かる形で教えて欲しいです。

実際そういう風に教えてくれる先生はいないんでしょうか。

探せばいるかな?
そういう人に是非習ってみたいものです。

 

(2014年9月1日(月) 15:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ