全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ゴールドドラムスクール スクールブログ ドラマーを研究...

ドラマーを研究する2 Dave Weckl

ドラマーを研究する2 Dave Weckl
こんにちは。ゴールドドラムのキムです。
ドラマーを研究するということで、2番目はDave Wecklです。
では、スタート!

ドラム演奏に新鮮な衝撃をもたらしたデイブ・ウェクル(Dave Weckl)は1980年代のチック・コリア・エレクトリック/アコースティック・バンド(Chick Corea Electrick/Acoustick Band)のメンバーとして活動し、全世界のジャズファンに'尋常でない音楽家'とされている。

1970年代のジャズピュジョン界の巨木ビリーコブヘム(Billy Cobham)以降、ドラム演奏者たちの中で最も多くの追従を受ける演奏者でもある彼は派手かつ複雑なリズム感を作り出すのにおいて他の追随を許さない。両腕と両足を自由自在に駆使する'フォーウェイインディペンデンス'(Four Way Independence)、フィル・が最も優れているという評価を受けている。

米国南部のセント・ルイスの出身であるデイブ・ウェクルは8歳に自分のドラムセットを手に入れる。多様なソウルミュージックやジャズを通じて音楽的な滋養分を得ていた彼はスイングジャズ・ドラマーバーディーリッチ(Buddy Rich)の演奏を通じて、R&B音楽のグルーヴ感をはじめ、ジャズでドラム演奏の基本を身につけていく。

高等学校の時には1990年代、彼が結成した'デイブ・ウェクルバンド(Dave Weckl Band)'のキーボード奏者であり、彼の音楽に絶対的な助力者ジェイ・オリバー(Jay Oliver)を会って深い音楽的交流を深めていく。
ブリッジポート大学でジャズを専攻した彼はその後、学校を退学、ニューヨークに移住して様々なバンドを転々としながらドラム演奏の実力をはかる。彼が初めて加入したフュージョンバンドは'ナイトスプライト'(Nite Sprite)になり、ここで彼の演奏を注意深く見たウェザーリポート(Weather Report)のドラム奏者ピーター・オルス、カイン(Peter Erskein)の関心を得るようになった。ピーターオルスカインは彼に'フレンチトースト(French Toast)'というジャムセッションバンドに加入する機会を提供してくれて、これを通じて一級ベーシストのアントニー・ジャクソン(Anthony Jackson)、ピアニストのミシェル・カミール・リオと親交を深めている。

フレンチトースト活動を兼ねて、デイブ・ウェクルは実力のあるセッションマンと跳躍する。リターン・トゥ・フォーエバー出身のギターリストビルコノス(Bill Cornors)、ブレク大きく、ブラザーズ(Brecker Brothers)、ターニャマリア(Tania Maria)、ジョージ・ベンソン(George Benson)のような綺羅星のようなジャズアーティストのアルバムのセッションに参加してダイアナ、マドンナ、ロバート・プラントのようなポップ歌手のアルバムにも演奏を加える。

1986年ビルコノジュとの共演を注意深く見守っていたリターン・トゥ・フォーエバーのリーダーチック・コリア(Chick Corea)は自分がちょうど準備しようとしたエレクトリック・バンドのメンバーとして彼を起用している。彼と一緒にバンドメンバーとして働くようになったジョン・パティ・トゥチ(John Patitucci)と協力しながらGRPで発表した(1986)を筆頭に回数で6年間、デイブ・ウェクルはチック・コリアがエレクトリック/アコースティック・バンドに携わっている。デーブ・ウェクルはエレクトリック/アコースティック・バンドを通じて、チック・コリアが'第2の全盛期'を享受するようにする決定的なブローカーにジャズ界の'恐ろしい新人'に頭角を見せている。

1990年にチック・コリアをはじめ、エリック・マリエンタル、マイケル・ブレクカーが参加した彼のソロデビューアルバムをGRPで発表する。、典型的なジャズ・ロックを標榜して作ったこのアルバムは彼の長年の友人ジェイ・オリバーの華やかなキーボードの腕前と作曲の実力が一層作品性をあげる。2年の間隔を置いて、(1992)、(1994)を発表したデイブ・ウェクルは名実ともに90年代に登場した'次世代のジャズ・ドラマー'として確固たる立場を固めている。

四肢が別々に遊ぶような華やかな'ビットの芸術'を標榜した初めて3枚のアルバムがテクニックにより中心が行っていたなら、4年の空白を経て90年代末、確固たる自信の音楽世界を標榜し、結成したデイブ・ウェクルバンド(Dave Weckl Band)'に至って彼はハード・バップ(hard Bop)と黒人アルエンビ(R&B)音楽に対する本格的な関心を標榜する。

デイブ・ウェクルバンドの発足を知らせ、チック・コリアが運営するストレッチ(Stretch)のラベルで発表した(1998)はジェイ・オリバーのキーボード、トム・ケネディ(Tom Kennedy)のベース、ブルジュ・ペイトン(Buzz Feiten)のその他、ご飯マルラチ(Bob Malach)のサックスが参加したアルバムはスティービー・ワンダーの影響が感じられる楽したファンキーフュージョンからゴスペル、ブルースの感じが濃厚な一層成熟したジャズフュージョン・サウンドを聞かせてくれる。

バンドとして2番目のアルバム(1999)は前作よりバンドの重くて強くなったサウンドが逸品との、12/8拍子のリズム感が引き立つ、スピーディーなジャズロック'High life'とタイトル曲'Synergy'は彼が依然として健在した'ジャズロックの旗手'という事実を立証する。影のようにいつも彼の音楽に関与したジェイ・オリバーが脱退して、スティーブ・ウェイン・ガット(Steve Weingart)がその代わりをして作った(2000)はいつのまにか不惑の年に入った今までアルバムの中で最も完成度の高い強固なチーム員を聞かせたという評価を受けた。翌年ストレッチ・レーベルを通じて発表した音楽を決算する意味が込められたベストアルバム(2001)を出してくる。

今でも、全世界を回り、旺盛な活動をしながら単なる公演だけでなく、クリニックを通じたドラムワークショップ、そしてレッスン映像と書籍の出版など教育の面でもその動きが活発だ。

個人的に彼のドラムスタイルが一番好きです。。これは単純なパワーに意志したロック系の音楽よりは複雑だが、まとまりのある構成の彼のスタイルが私には適合。
彼の演奏曲を練習してみると、どうしてこんなに演奏できるのだろうかと疑念を抱くほど困難で複雑するが、そうした目標があることに今日も練習を可能にするようだ。

ドラマーを研究する2 Dave Wecklドラマーを研究する2 Dave Wecklドラマーを研究する2 Dave Weckl

(2014年8月26日(火) 19:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

軍楽フェスティバルで演奏も。初心者からプロ志望まで幅広く対応!

ゴールドドラムスクール
金泯錫 (ドラム)

博多・天神/西鉄福岡・薬院・西鉄平尾・赤坂・西新・室見・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ