全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,390 ...

#1,390 (8/24)~接続♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

音楽に合わせて叩きたい時やメトロノームに合わせて叩きたい時に音量を上げる為スタジオにあるミキサーを使いますが、ドラマーは電気に弱く(^_^;)、つなぎ方が分からない方多いです。言葉で説明するのは難しいですが少し紹介します。

まずは用意するケーブル(つなぐ線)です。最初から用意されているスタジオもありますが、基本は自分で用意しておくのが普通です。
(画像参照)

①Out put(出力)
スマホやポータブル・プレイヤー等の出力はMini Stereoプラグが多いので、このようなプラグを使います。イヤホンのプラグと同じサイズです。

②In put(入力)
ミキサーにつなぐプラグは、L(白/左)、R(赤/右)の標準プラグを使います。音源がモノラルの場合(メトロノーム等)はL(白/左)だけをつなぎます。

③ミキサーのフェーダー
LRに分けてつないだ場合は同じ音量にフェーダーを上げます(モノラルの場合はL/白のみ)。

④マスターボリューム・フェーダー
全体の音量調整をここでします。③のボリュームを決めてから調整しましょう。

大事な事を言うと、各フェーダーが上がったままプラグを抜くのだけは絶対にしないように。スピーカーが飛んだり、故障したりしますので気をつけましょう。

続きは次回に。

#1,390 (8/24)~接続♪

(2014年8月24日(日) 0:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ