全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ 初心者ってなん...

初心者ってなんだと笑い飛ばせ!

初心者とは…

その道に入ったばかりで
まだ未熟な者
習い始め、あるいは
覚えたての人

とあります

全くわからない人と
ちょっとできる人も
含まれる感じで

これだと実際線引きが
分かりにくいですね

個人的に考えてみます

ドラム単体の初心者も
あるでしょう
バンドとしての初心者も
あります

個人でばんばん練習
積んでいても
バンドは未経験とか

初心者といっても
場合別があるのかなと
思います
とても
曖昧としていますね

では
ドラム脱初心者の
きっかけとは…

8ビートや16、
トリプレッツなど
叩ける様になって
リズムの構造がわかると
今まで聴いていた音楽の
ドラムが正に
「聴ける」様になります

何をやっているのかが
把握できるんですね

曲の「完全コピー」を
目指さないのなら
構造の雰囲気を
つかむだけで

ある程度のいろんな曲を
叩ける様になります
(完コピは勉強になりますが)

「ドラムが何をやって
いるのかがわかる」

この辺りが
脱初心者
なのかなと考えてみます

脱初心者を
ゆくゆくは目指すとして
今、やらなくても

学祭用や
イベント用に
とりあえず2~3曲
その曲だけを練習すれば

「初心者」でもできます

ただ音楽ジャンルに
よるものか
年齢によるものか
わかりませんが
ヒエラルキー世界を
わざわざ構築していて

そこでは
面倒な誹謗を受ける
ことがある様です


時間とは有限なのです


そんな世界には無視して
関わらず
楽しい初心者ライフを
満喫すべきですね

 

(2014年8月1日(金) 16:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ