全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ わかるなぁ

わかるなぁ

こんなブログを読みました。


『ボランティア演奏』ということ
http://ameblo.jp/meg-harp/entry-11754655210.html


うん、わかるなぁ。

音楽で食っている人に「ねぇ、タダで演奏してよ」っていうことは、食堂やっている人に「ねぇタダで食わせてよ」って言ってるのと同じ。

ボランティアってのは自発的にやるもんだと私は思っているので「タダでいいですよ」と私から言うことはあっても「タダでお願いします」とこちらからお願いすることはない。

友達からライブのサポートを頼まれることがあるけれど、必ず先に条件を言います。ノーギャラではやりませんし、駐車場代などの経費も主催者持ちでお願いしています。それでも良ければ私を使ってね。それじゃ困るというのであれば別の人をあたってください。そしてもう少し予算に余裕の有る時に声をかけてください。

っていうかそれ以前に「友達なんだからタダでやってくれよ」とか言う人は少なくとも私のまわりにはいませんけどね。それぞれがお互いをプロフェッショナルだと分かっているので「タダでやってよ」などと言うのはとても失礼なことだし、そんな公私混同する人はいません。

※もちろん今回タダでやった代わりに次回相手の人にタダでやってもらうというバーターはあります。


これ普通の商売の話に置き換えれば極めて当たり前の話なんですけど、なぜか演奏とかになると「タダ」を要求する人が後を絶たないんですよね。

「ギャラください」というと「えっ?何?友達から金取るのかよ。信じられない」とか言う人がいる始末。そういうことを言う奴は友達じゃないんだよ(笑)。


別にお高くとまっているわけではなくて、当たり前の話です。自分の演奏は商品ですから、タダで売るわけにはいかないんですよ。それにタダで演奏したらお金を払って私に演奏を頼んでいる人にしめしがつかない。

だって不公平でしょ。こっちの人は何万円も払っているのに、別の人に対しては「タダでやります」って言ったら。

「宣伝になるんだからタダでやれよ」みたいなことを言う人もいいますが、そういうステージはほぼ間違いなくなんの宣伝にもなりませんのでやりません。

私はなんだかんだ上手いことを言ってタダ働きさせる人を何人も見てきました。そういう人は相手の仕事に対するリスペクトが根本的に欠如しているので絶対に関わりたくないですね。

ちょっと今回はマジになって書いてしまいました(笑)。

 

(2014年8月1日(金) 2:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ