全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,367 ...

#1,367 (8/1)~Shell♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

ドラムの胴部分をShell(シェル)と言いますが、スネアを購入する際に外見を好みに選ぶ人が多く、意外に素材の事を詳しく知らないようです。
せっかくなのでShellの構造について紹介致します。
※画像参照

[Shell]
メイプル、バーチ、マホガニー、コンポジット、と木製だけでも様々なシェルがあります。画像にはないですが、スチール、ブラス、コパー、アルミなど金属製のシェルもあります。
普段聴いているアーティストが使っているスネアの素材を知ると音が想像しやすくなります。

[Ply]
プライは単板の枚数を表してます。4~10Plyまで幅広くありますが、中には20Plyのスネアもあります。プライは筒の響きに影響します。

[Edge]
エッジはヘッドに当たる重要な所。角度や形状によってサウンドも様々です。

既にスネアを持っている人も素材や構造をチェックしてみましょう。

#1,367 (8/1)~Shell♪

(2014年8月1日(金) 1:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ