全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラム教室「努楽夢塾」 スクールブログ 利き腕じゃない...

利き腕じゃないほうの克服について

講師の海老澤です。

利き腕じゃないほうの克服について 。

これは、僕もいまだに練習しています。
生まれてから今までで、利き腕じゃないほうは
あまり使っていませんから、感覚が違うのは当然です。

普段の生活が右利きの人は、左手で生活してみたり、
ボールを投げるときに、左手で投げてみたり。
僕は雪が降ったときに、雪玉を作って1000回くらい
投げてましたねぇ(笑)

また、基本的に利き腕じゃないほうは堅いものを叩くことが少ない
というのがあると思います。
ハイハットやライドは利き腕が多いですよね?

そう考えると利き腕じゃないほうは太鼓が多いはずです。
そこで、利き腕じゃないほうも堅いものを叩くようにしましょう。
例えば、コンクリートの壁やもちろんハイハットなど。
床とか机とか・・・。

いろいろな所で叩くようにすると手のコントロールがよくなると思います。
ルーディメントも利き腕じゃないほうから始めたり・・。

なんにしても右と左の差を縮めるには
時間がかかります・・・・。

それならいっそう違うことを表に出してもいいかもしれないですね・・(・・)

 

(2008年10月28日(火) 16:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

妥協しない。誰よりも真剣なコーチが褒めてくれるのがモチベーションに

ブログ記事 ページ先頭へ