サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム教室「努楽夢塾」 スクールブログ バスドラムの音...

バスドラムの音の出し方

講師の海老澤です。

バスドラムの音の出し方について書きます。

基本的には力はいりません。
足の裏は全体がプレートについていて
リラックスした状態から足を上げるわけですが、ひざのあたりが上に引っ張られている感じであげます。


そのとき、つま先はプレートからは離れません。
プレートがなにも乗っていない状態になるところまで足を上げたらややつま先が先行で足を落とします。

このとき音が出たと同時に元のリラックスしている状態に戻します。

これがひとつ打ちですが、文章だけだとわかりにくいですね。

ダブルストロークについてですが
これは足を上げるところまでは一緒です。

そのあと、あげたままで足首を使って1つ音を出します。
足首を動かしているとき、なるべく膝が動かないようにしましょう。

1つ叩き終わったらあしくび、足先は足を上げたときの状態に戻してそのまま足を落とします。
そうすると2打目がでるわけです。

 

(2008年10月28日(火) 16:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

妥協しない。誰よりも真剣なコーチが褒めてくれるのがモチベーションに

ブログ記事 ページ先頭へ