全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ W杯見てますか

W杯見てますか

日本の予選リーグ敗退が決まった時点で私の中のW杯は終わったのですが(笑)、その後は純粋に世界のハイレベルの攻防を楽しんでいます。

私はサッカーについてはシロウトですが、そんな私から見ても世界のトップのレベルの動きは日本チームのそれとは違うと分かります。

一番感じるのは「発想力の豊かさ」「独創性」「意外性」ですね。

えっ、そのタイミングで?
えっ、そんなフォームで?
えっ、そんなやり方で?

パス回しを見ていても、シュートを見ていても超一流の選手達はこちらの予想を裏切る動きを数多く見せます。

上から俯瞰映像で見ている我々がそう感じるのですからピッチにいる選手はなおさら一流選手達の意外性の有る動きに翻弄されることでしょう。

一方日本の選手はこちらがハッとするような面白いプレイはほとんど見せてくれません。これはきっと国民性や自分が育ってきた環境がそうさせるのだと思います。

基本に忠実と言えば聞こえはいいのですが、基本にとらわれすぎて最終的な「試合に勝つこと」という目的をそこなっては本末転倒。

試合では思い切って基本を外れた「応用を利かせた」「例外的な」動きを繰り出さなければ相手の裏をかいて勝利をつかむことはできません。

これは何年も前から感じていることなのですが、ずっと変わらないなぁと今大会を見ても感じました。

世界をアッと驚かせようなプレイを見せてくれる選手はあとどれくらい待てば出てくるのでしょうかね。

 

(2014年7月6日(日) 10:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ