全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,339 ...

#1,339 (7/4)~セッティングから♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です♪

ドラムを始めて最初に覚える事はセッティングです。
叩きやすいように各ボルト(調節ネジ)を回して高さ等変えますが、無理矢理にするとボルトがバカに(壊れる)なってしまいます。正しいやり方を覚えて快適なセッティングをするようにしましょう。

少し前のブログでハードウェア(スタンド類)のセッティングについて順番に紹介しましたが、再度初心者の方が一番苦手なタムの高さや角度を調節する"タムホルダー"のセッティングについて紹介します。

●画像左/Pearl (パール)のタムホルダー
パールのタムホルダーはチューニングキーが必要な事が多いのが特徴。タムホルダーは基本下側から調整すると覚えましょう。
①まずはバスドラムに近い高さ調整から。
②角度をチューニングキーで調整。
③最後にタム自体のボルトで距離を調節。

●画像右/YAMAHA (ヤマハ)のタムホルダー
ヤマハのタムホルダーは全て手で調整出来ます。逆に無理矢理に動かすと壊れる原因になるのでやめましょう。
①まずはタムホルダー全体の高さから調節。
②ホルダーごとの高さ調節。
③角度はボール状なので自由に調整可能。
④タム自体のボルトで距離を調節。

※セッティングのポイントは、タムがバスドラムに当たらない事。タム同士が当たらない事です。
もちろんセッティング時にも楽器同士が当たらないよう必ず持ちながらセッティングしましょう。


P.S.
今月から新規募集を再開致しましたが、現在生徒さんが大変多く、直ぐに体験レッスンは出来ません。只今申し込まれた場合、早くても秋頃(9月頃)に体験レッスンとなります。それでも宜しければお願い致します。

#1,339 (7/4)~セッティングから♪

(2014年7月4日(金) 9:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ