全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 レオ・リズムスクール スクールブログ 色んな生徒さん...

色んな生徒さんによく聞かれる事。

僕が初めてドラムに触れたのは小学4年生の時で、好きな女の子がドラムがかっこいいって言った一言を聴いてドラム?何それ?これがキッカケでした。


そのまま帰宅して、父親に「ドラム買って!!!」
と、伝えてから二ヶ月。
もぅオモチャもファミコンも漫画も買わないからな!
と、念を押されて。

今は無くなってしまった渋谷のYAMAHAへ。
小さな平屋にドラムを置くなんて今考えるとかなりファンキーな家庭でした。

父親はギターを弾いていたので、バンドメンバーにでもしちゃおうと企んで、8ビートやフィルインなどを仕込んでくれました。

だけど、僕の心は違います。

僕→ドラム叩ける→好きな子の前で叩く→
かっこいい!!!

の、絵が頭の中では広がりもぅハッピィー!


通っていた小学校にはドラムなんて常設されてなく、打楽器で置いてあるのは大太鼓、小太鼓、合わせシンバル、鉄琴、木琴、カスタネット、鈴とトライアングル。
計画は無残にも流れていきました。

が、学年が上がる時に新任で入ってきた先生が吹奏楽クラブの顧問になり、あっという間に楽器が揃っていく!
これは今しかない!

意気揚々と、
もぅドラム叩く気で入ったはずの吹奏楽クラブ、気づいたらトロンボーンを渡され、、、。
その時初めて知ったのですがクラスのガキ大将は幼稚園からドラムを叩いてるからと、楽器持参で登場。

ドラムの座は奪われてしまいました。


で、そのガキ大将はなんでも叩けてしまう天才キッズ。
今思い出しても本当に上手かった。


家帰って見よう見真似であーでもないこーでもないと奮闘の日々。

レベルの違いに愕然としながら、わんぱく相撲で横綱になるようなぷよぷよのガキ大将がどーしてあんなに速く叩けるのか不思議でした。

放課後は、クラブの数人と担当の先生を唆して居残り、ポディションを覚えて音が鳴り始めたトロンボーンを吹きながらドラムの音ばかり聴いていて、

楽器に慣れた頃から文化祭に向けて練習が増え、トロンボーンにも愛着が湧いていた頃
好きな女の子が、あの伸び縮みする楽器カッコ良いね!

って、言ってくれた時はトロンボーンで行こうなんて思ってましたが、
文化祭でステージに上がりエルクンバンチェロを演奏をしていた最後のブレイクでドラムソロを観た時にドラム熱が再燃。

その時のショックとステージ上で味わう拍手がもうなんとも言えない喜びを体感して、
音楽マジックに見事にはまってしまいました。


小さなお友達は何かを思ってドラムを選んだので、音楽をを通して生涯学習していってもらえたらと思っています。

 

(2014年7月2日(水) 0:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現役プロドラマーにして指導歴豊富!市民講座・小中学校でも好評のレッスン

レオ・リズムスクール
八島レオナ (ドラム)

上野・御徒町・秋葉原・南浦和・南越谷・南流山・西船橋・大久保・北千住・松戸・柏・江古...

ブログ記事 ページ先頭へ