全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,328 ...

#1,328 (6/23)~16th Exercise~前編♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。

生徒の皆さん、練習してますか~♪
ドラムはサボればサボる程下手になり、練習すればする程上手になる楽器です。
私とて納得出来る演奏になるのに10年以上はかかりました。今思う事は日々の基礎練習をちゃんとやってきて良かった事です。これからの季節は楽しい事が沢山ありますが、ドラムも同じ位頑張りましょう(^_^)/

さて、これまでRudiments(ルーディメンツ)の中から一度に練習出来るフレーズを紹介してきましたが、次は16分音符における様々なバリエーションを紹介したいと思います。
全部で8種類あり、かなり多いので前編と後編に分け4つずつ紹介していきます。

画像一番上にあるアクセントの異なる16分音符フレーズを基本にチャレンジしましょう。

①Single Accent
オルタネートでシングル・ストロークを叩きアクセントを入れます。最も基本的なフレーズです。これがしっかり叩けないと次へ行けません。16分音符なので4つあるアクセントを全てマスターしましょう。

②Paradiddle
基本となるオルタネートが出来たら今度はParadiddle(パラディドル)でチャレンジしましょう。アクセントによりパラディドルの種類も変えていくと全てのシングル・パラディドルが練習できます。

③Flam Accent
手順をオルタネートに戻し、アクセント部分にFlam(フラム/装飾音符)を入れます。4つあるアクセント全てにフラムがちゃんと入れれるように練習しましょう。

④Flam & Paradiddle
②と③を合わせたフレーズです。手順はパラディドル、アクセント部分にフラムを入れます。苦手なフレーズをよく練習する事ですね。

これだけでもかなりの練習が出来ます。次回は⑤~⑧後編を紹介します。

⑤Double Stroke
⑥Accent & Double
⑦Flam Accent Drag
⑧Flam Accent Drag2

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

お知らせ♪
現在、新規募集の停止中でスクールHPから私が消えておりますが、スクールを辞めた訳ではありませんのでご心配なく…(^_^;)。
7月から再開する予定ですが、当分新規募集は止めるつもりですのでご了承くださいませ。
スクールページをご覧になる場合は下記までお願い致します。

Kanazawa.cyta.jp

★ブログは引き続き「先生から一言」内からご覧くださいませ♪

#1,328 (6/23)~16th Exercise~前編♪

(2014年6月23日(月) 14:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ