全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 6月19日 親...

6月19日 親として、先生として。

毎週木曜日はエイトがバイオリンのお稽古の日です。

嫁さんと共働きなもんで、スケジュールを組んでエイトのバイオリンにどちらかが一緒に行くようになってます。

で、
今日はワシが一緒に行きました。

エイトのじーちゃんも(ワシの義父)も遊びに来てて、一緒に行きました。





育児ってホンマに日々勉強ですわ。
育児には正解がないって感じの面白いトコもあり、
親の責任を果たさねば的な 悩まされるトコもあり。。。



まず、

ワシ個人的な考えとしては、
エイトにはバイオリン奏者やドラマー、サッカー選手になってもらいたいとは...








ぶっちゃげ これっぽっちも思ってません!


わはは。


事実、ドラムは教えた事すらないっす。
サッカーは まだ遊び程度。
バイオリンも、本人がやりたいって言うけん、じゃーやろっか。的なノリです。


ワシは良くも悪くも親には自由に育てさせてもらいました。
習い事も幾つかやっていましたが、させてもらってはやめる。そんな繰り返し。

お世辞にも 裕福ではない家庭ではあったにも関わらず、
今思えば ホンマに迷惑かけたな と。笑







ワシがドラムを始めたのは高校の頃。

19才の頃に師のお導きにより某音楽教室のドラムの先生に。


ちなみに、
この師匠には、
「あんたには才能ないけんプロにはなれん。」
と散々言われておりました。笑

事実、
今振り返っても、
現在 ワシがレッスンしよる生徒さんに比べても
微妙じゃったな〜と。
悲しいかな「下手くそ」じゃったな〜と。笑


根性だけはあったのでしょうか?
馬鹿じゃったのでしょうか?
そして、
同世代にも良いライバルがおった為か、自分なりの努力はしたような気がします。
多分。

そして、
口では「プロにはなれん」と言いつつも、講師になる為の手を差し伸べる...と言うか、引っ張りあげてくれた(笑)のは この人でした。

講師になってからも 常識知らずのワシを 常に叱咤激励して下さりよりました。
てか迷惑かけまくってました。

ちーん。

わはは。

なので、一時期は この人に認めてもらえるように!とガムシャラだった時も

あったとか

なかったとか。。。


何せよ、
良い人に巡り会えたなと、ホンマに思います。



あー!


ワシもそんな先生になりてーー!!!笑




と、常 模索の毎日でございます。





ドラムは努力をすれば、今のワシ程度じゃったら シャシャっと叩けるようになります。
ホンマに。
間違った練習ではなく、
「効率の良い」練習をすれば、なお良しってトコです。
スタートの年齢もあんまり関係ないです。

プロになりたい!
ってのだったら、早い方がええんかもしれんけど。

参考までに、
トビーは小学5から始めて今は高校3年。
間に18ヶ月くらいブランクがあるけど、あんな感じ。
彼、このまま調子に乗らずに努力し続けたら、
夢 実現するんじゃないでしょうか?


多分。

笑。

是非 有名になって頂いて、ワシの株を上げてもらいたいもんです!

ワシの為に!!!


ワシの為に!!!


ワシの為に頑張れ!!笑








さて、

長文となっておりますが、

ここからが私の悩みの本題。

うふ。



バイオリンで、何かええ感じのトコまで上り詰めようと思ったら、
エイトの今の年齢(5才)からしっかりとお稽古せんといけんみたいです。

ワシはクラッシックの事は よくわかりません。

オペラ作曲家である義父のアドバイスを参考にする事しか出来ません。

バイオリンは、ギターやベースで言う所のフレットレスです。
なので、音感を鍛えておかんと、大人になってから苦労するみたいなです。

おじいちゃんには 少なからず、エイトにはバイオリンで頑張ってほしいと言う気持ちがあるっぽいです。

じゃけん言うて、
ワシもエイトに
バイオリンでプロを目指しなさい!的な感じになってあげれんトコがあったり、色々葛藤しております。




本人がその気になるまで待つ。
そしたら後は努力するなり好きにしなさい。
自分の事には責任を持ちなさい。




こう思っていたのですが、
そーもいかんようです。笑


エイトが将来、ホンマにバイオリン奏者になる道を選んだ時、
あの時お稽古に力を貸してくれてありがとう!
になれば美談ですが、

嫌々やってました。
って言うのは しんどいな〜と。

親として 何処まで彼の人生に干渉するべきか。
道をつくってあげるのって、意外に難しいな〜と。

コレは、ワシが小学生の生徒さんらにレッスンする時にも
少なからず考えさせられています。

なかには明らかに「嫌々レッスンを受けている」生徒さんもおります。笑

マジで。笑

じゃけど、まー、その子らも色々思う所があるんでしょう。
最近のコらは ホンマに賢いですけんね。
親思いですよ。
ホンマ。



なので、
ワシも
ホンマに楽しんでもらえるよう、
より興味を持ってもらえるよう、

奮闘でございます。


考えてないようで、

ちょいちょい考えてます。


多分。




ワシが上京する前に
親父から金一封を貰った時に、
その封筒に
「大道無門」
って書いてありました。

何のこっちゃと その時はあんまり気にせず、
でも封筒だけは取ってありました。


先日、
ふ とこの言葉を思い出し、意味をwikiってみました。





しゃす。





ワシはエイトに常にこう思ってます。



「ただ、健やかにあれ。」


と。






小鷹狩大介は
パパ ママを応援しています!




 

(2014年6月19日(木) 22:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・五反田・渋谷・原宿・溝の口・登戸・町田・都立大学・自由が丘・新丸子・池尻大橋・...

ブログ記事 ページ先頭へ