全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 同じ材質でも

同じ材質でも

スティックの材質としてはヒッコリーが一番ポピュラーでそれ以外に、オーク、メイプル、バーチなどがあります。

それぞれの材質ごとに折れやすさというか折れるまでのプロセスが違うんですね。

ヒッコリーはある程度折れるまで粘ってくれて、ついに折れるという感じ。オークはあまり前兆がなく、いきなりバキッと折れます。

ただ、同じ材質でもメーカーごとに折れやすさに差があることが分かりました。

ここ最近使っていた某国産メーカーのヒッコリーのスティックは結構頻繁に折れるんです。そんなに力を込めているつもりは無いのですが、リハで折れ、個人練習でも折れる…。

昨日は久しぶりに以前メインで使っていたプロマークのヒッコリーのスティックで演奏してみたのですが、これがもう全然折れない。新品じゃないのに6時間のリハの間、1セットだけで済みました。

同じヒッコリーでもメーカーによって産地も違うだろうし、加工の仕方も違うでしょうから、当然折れ方も違うんでしょうけど、ここまであからさまに耐久性に差があるとは驚きました。

誤解無きように言っておきますが、耐久性があるから良いスティックというわけではありませんからね。自分がやりたいプレイ、やりたい音楽にマッチしているスティックを使うべきです。

ただメーカーごとにこれだけの差があることに驚いたしだいです。

アマチュアの方達は金銭的にキツイのでスティックを安さで選ぶことも多いかと思います。ただ場合によっては安物買いの銭失いになることもあるのだということをお忘れなく。

ご参考になれば幸いです。

 

(2014年6月18日(水) 9:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ