全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ ペダル

ペダル

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。


今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。


よく

「どのペダルを買えばいいのか分からない」

と言われるのですが

結論的に言えば

「使い慣れてしまえばなんでも良い」

と僕は思います。


かく言う僕自身も今まで色々なペダルを試してきました。


最初はTAMAから出ているアイアンコブラを買い、1年くらい使っていたのですが、ある時電車の中に忘れてしまったので、次は新しいものを買おうと思いパールの名前は忘れてしまいましたが1万円くらいで買えるペダルを使っていました。

が、それもドコかで無くしてしまったので今度はDWの5000とかを買ったと思います。

そして、またそれも無くしてしまい(笑)次はパールのエリミネーターを使い始めました。


その後アメリカに渡るときにペダルを持っていくのを忘れてしまい今度は向こうで買ったYAMAHAのフライグドラゴンを使い始めました。


で、今は友達からタダで譲ってもらったDWの5000とYAMAHAのフライングドラゴンを状況によって使い分けている感じです。


これからもおそらく状況によって色々変えていくと思います。


人によっては「このペダルじゃあないと嫌だ」って言う人がいますが結局は最初のめぐり合いが重要だと思います。


ので、もしもどのペダルを買うか迷っている人がいるならばこう言います。



「見た目でカッコイイと思ったやつを買ったら良いよ」





 

(2008年2月29日(金) 0:46)

前の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ