全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ ライブの時に気...

ライブの時に気をつけること

こんにちは講師の 遠藤たけし です。


今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。


過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。



普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、

同じテンポを出しているつもりでも後で録音したやつを聞いてみるとライブになると、かなり早いテンポで演奏しているのに愕然とした事なんてないでしょうか?


それはなぜかというと、心拍数に関係しているのです。



誰でも知っているように人間は緊張したり、興奮したりすると心拍数が上がります。


心拍数が上がる事によって普段演奏しているテンポでも、興奮していると遅く感じてしまいます。


なので、ライブになると普段感じている状態よりも同じつもりでも速いテンポで演奏してしまいがちになるんです。




では、どうすれば良いのか!!??



僕がアメリカにいた頃、当時習っていた先生に言われたことは



「じゃあ、慣れるまでメトロノーム使いなよ」



と簡単に言われてしまいました。



僕個人的に頑なにメトロノームなんてモノに頼るのはかっこ悪い。。。と思っていたのですが


ですが、その先生が言うには意外とプロの人たちもライブになるとチェックの為に曲を演奏する前はメトロノームでテンポをチェックしている。


逆に不安な状態で演奏するよりも百倍良い!!


と言っていました。


確かにそうだ・・・と思い



音楽の種類や、メンバーによって例外もたくさんあるのですが、基本的に慣れていない曲になると今はメトロノームをライブで使うようになりました。



ライブでハシってしまう・・・と悩んでいる方。


一度ライブでメトロノームをセットしてみてはいかがでしょう~~~♪



 

(2007年9月7日(金) 21:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ