サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ ライブの時に気...

ライブの時に気をつけること

こんにちは講師の 遠藤たけし です。


今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。


過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。



普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、

同じテンポを出しているつもりでも後で録音したやつを聞いてみるとライブになると、かなり早いテンポで演奏しているのに愕然とした事なんてないでしょうか?


それはなぜかというと、心拍数に関係しているのです。



誰でも知っているように人間は緊張したり、興奮したりすると心拍数が上がります。


心拍数が上がる事によって普段演奏しているテンポでも、興奮していると遅く感じてしまいます。


なので、ライブになると普段感じている状態よりも同じつもりでも速いテンポで演奏してしまいがちになるんです。




では、どうすれば良いのか!!??



僕がアメリカにいた頃、当時習っていた先生に言われたことは



「じゃあ、慣れるまでメトロノーム使いなよ」



と簡単に言われてしまいました。



僕個人的に頑なにメトロノームなんてモノに頼るのはかっこ悪い。。。と思っていたのですが


ですが、その先生が言うには意外とプロの人たちもライブになるとチェックの為に曲を演奏する前はメトロノームでテンポをチェックしている。


逆に不安な状態で演奏するよりも百倍良い!!


と言っていました。


確かにそうだ・・・と思い



音楽の種類や、メンバーによって例外もたくさんあるのですが、基本的に慣れていない曲になると今はメトロノームをライブで使うようになりました。



ライブでハシってしまう・・・と悩んでいる方。


一度ライブでメトロノームをセットしてみてはいかがでしょう~~~♪



 

(2007年9月7日(金) 21:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

ブログ記事 ページ先頭へ