全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,321 ...

#1,321 (6/16)~苦手を一度に~その五♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。

苦手を一度に練習シリーズ、5回目です♪
今回は「 6 Stroke Roll 」(画像参照)。

16分音符の一つ目と四つ目にアクセント、二つ目と三つ目にダブル(二つ打ち)があるRudiments(ルーディメンツ)のRoll系フレーズです。
苦手な人も多いパターンなので沢山練習して習得しましょう。

<手順>
> > > > > > > >
R ll rr L R ll rr L R ll rr L R ll rr L

左右同じフレーズなので練習パターンとしても素晴らしいフレーズです。練習し習得すれば16分におけるアクセントやダブル・ストロークが同時にマスター出来ます。ポイントはアクセントとダブルの音量差をしっかり表現する事。

スネアだけでなく応用パターンとして、叩く楽器を変えればバリエーションも増えます。


16分音符の一つ目(右手)をフロアタム、四つ目(左手)をタムに、二つ目(左手)と三つ目(右手)をスネアにします。アクセントがタム、ダブルがスネアになるパターン。


①を逆にしたフレーズ。16分音符の一つ目(右手)と四つ目(左手)をスネアに、二つ目(左手)をタム、三つ目(右手)をフロアタムにします。アクセントがスネア、ダブルがタムになるパターン。こっちの方が難しいですがインパクトあるフレーズになります。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

お知らせ♪
現在、新規募集の停止中でスクールHPから私が消えております(スクールを辞めた訳ではありませんので悪しからず…(^_^;))。
スクールページをご覧になる場合は下記までお願い致します。

Kanazawa.cyta.jp

★ブログは引き続き「先生から一言」内からご覧くださいませ♪

#1,321 (6/16)~苦手を一度に~その五♪

(2014年6月16日(月) 8:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ