全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ かがみ

かがみ

こんにちは講師の 遠藤たけし です。


さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。


僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。


練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんでした。


で、やっていたことといえば。。。


雑誌をパタパタ叩いていました。


なんだか面白くもなんともないことですが、、、後々考えてみるとこれはとても効果的だったんです。


なんだかんだいってもドラムを叩く上で重要なことはスティックをいかに体の一部のように操れるかが重要です。


雑誌でも何でも叩いてしまえばスティックを慣れる練習になります。


そして、さらにもっとその練習を効果的にするためにある物を使います。



「鏡」です。



自分のプレイを録音するのがとても良い練習なのは第三者的に客観的に自分の悪い部分が分かるからです。



それと同じで、鏡を見ながら自分のスティックの軌道がどのようになっているのか第三者的に確認しながら練習をします。



これを続けるとスティックの軌道が綺麗になります。



軌道が綺麗になれば必然的に音が綺麗になります。



ドラムは打楽器ですので音を鳴らすことは誰にでも出来ます。


しかし、綺麗な音を出すのはとても難しいことなんです!!



5分間同じ練習を鏡を見ながらやるのと、鏡を見ないでやるのでは成果がまったく変わってきます!!


時間は限られています。


こういったちょっとした工夫で少ない時間でも大きな練習になります。


ぜひ試してみてください。


鏡を使って練習しちゃいましょ~~~♪

 

(2007年7月21日(土) 18:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ