サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ 音量バランス

音量バランス


こんにちは、講師の 遠藤たけし です。




さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。




ドラムセットって派手なものですよね。

そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね?


ドラムは生楽器なので叩こうと思えばいくらでも大きい音量が出ます。

音がデカイと格好良いし。


では、ちょっと考えてみてください。



大きい音を際立たせるにはどうすれば良いでしょうか?


ここぞという時に大きい音で強調したい!!


こういう場合にはどうすれば良いのか。


答えは単純です。


強調したいところが大きい音にしたいのならばそれ以外のところは小さい音にすればいいのです。


ダイナミクスをつけたいのならば音の大きさの高低差が大きければ大きいほどドラマチックになります。


今日お話したいのはこのポイントなのです。


ドラムに慣れてくると大きい音はわりと早く出せるようになります。


ですが、小さい音で叩くことを蔑ろにしがちです。


僕の尊敬するドラマー、ハーヴィー・メイスンが



「小さい音量をコントロールするのは大きい音量をコントロールすることよりも難しい」



と言っていました。


実際、世の中の素晴らしいドラマー達は小さい音量のコントロールが絶妙です!


その小さい音量を自由自在に操っているからこそ、ここぞという時に大きい音を出して人々を震撼させることが出来るわけです!!


と、いうわけで大きい音量を出す練習も必要ですが、今やっている練習を出来るだけ小さい音量でやってみるのもとても良い練習になると思います。


出来る限り小さく!!! です。


ちょっと大げさになりますが、夜があるから朝が映える!!!


っていう感覚にちょっと似ている気がするのはぼくだけでしょうか(笑)



そんなわけで、派手に叩くのも素晴らしいですが、ちょっと気分を変えて小さく叩いてみるのもいかがでしょう~



 

(2007年7月14日(土) 14:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ