サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ カウント2♪

カウント2♪

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。


前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目


「カウント」


について書きたいと思います。


カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会でドラマーが行うものです。



このカウントを僕は一人で練習するときにも使います。



どういう事かと言うと、メトロノームと合わせて練習をする時必ず自分でカウントを出してからそのフレーズを叩き始めます。


誰もいないで一人でやっていると「絵」的にもちょっと恥ずかしかったりしますが・・・



なぜやるかというと・・・



意外に、自分でカウントを出してそのままのテンポで叩き始めるのは難しいからなんです。


あまりそういうことに意識をしていない人は自分の出したテンポとは違うテンポで叩き始めてしまいがちです。


これはドラムだけでなく全ての楽器に対して言えることなんですが、一番初めの音を綺麗に出すことはとても難しいことなんです。

もう少し言えば最初の1小節からきちんと集中していないと曲がダラけてしまいます。



なので、どんな早さの曲でもフレーズでも対応できるような意味を込めて一人で練習するときでも僕はカウントを出すようにしています。


もしもテンポキープを苦手としている方は試してみてはいかがでしょう?


こういうちょっとの気遣いで全然変わってきますよ♪

 

(2007年6月7日(木) 0:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

ブログ記事 ページ先頭へ