全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ カウント2♪

カウント2♪

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。


前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目


「カウント」


について書きたいと思います。


カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会でドラマーが行うものです。



このカウントを僕は一人で練習するときにも使います。



どういう事かと言うと、メトロノームと合わせて練習をする時必ず自分でカウントを出してからそのフレーズを叩き始めます。


誰もいないで一人でやっていると「絵」的にもちょっと恥ずかしかったりしますが・・・



なぜやるかというと・・・



意外に、自分でカウントを出してそのままのテンポで叩き始めるのは難しいからなんです。


あまりそういうことに意識をしていない人は自分の出したテンポとは違うテンポで叩き始めてしまいがちです。


これはドラムだけでなく全ての楽器に対して言えることなんですが、一番初めの音を綺麗に出すことはとても難しいことなんです。

もう少し言えば最初の1小節からきちんと集中していないと曲がダラけてしまいます。



なので、どんな早さの曲でもフレーズでも対応できるような意味を込めて一人で練習するときでも僕はカウントを出すようにしています。


もしもテンポキープを苦手としている方は試してみてはいかがでしょう?


こういうちょっとの気遣いで全然変わってきますよ♪

 

(2007年6月7日(木) 0:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ