サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ タイムキープ

タイムキープ

こんにちは。講師の 遠藤たけし です。

今日はタイムキープのための練習方法について軽く書きたいと思います。


時々


「リズム感が無いんですよ」


と耳にする時があります。


実はワタクシ本人もリズム感というものがどういうものか理解していません(笑)



つまり、リズム感は誰もが全員持っていると確信しています。



以前のブログにも書いたんですが、歩くときに一定の速さで歩けるじゃないですか。(何かしらの理由で出来ない方もいらっしゃいますが)



歩くときに毎回


「今右足を出して。。。次は左足を出して・・・」


なんて考えている人はおそらくいないと思います。


一定のリズムに乗ってみなさん歩くことが出来るのです。


なので、ちゃんとした練習をすれば必ず!!!タイムキープは皆さん良くなると確信しています。

さてさて、本題に戻りましょう。


タイムキープ。



リズム感うんぬんではなく、ドラムセットをプレイする上でタイムキープはとても重要です。


ドラマーのタイムが悪かったら他の楽器演奏者が何に合わせればいいのか分からなくなってしまい、アンサンブルがグチャグチャになってしまいますから。



では、どういう練習をすれば良いのか・・・




メトロノームと合わせる。




以上です。



簡単です。



それにも流れ・・・みたいなものがあって

人によって様々だと思うのですが、僕はこのように練習しました。





最初のうちはどんな練習でもメトロノームと合わせて練習します。


どんな練習でもです。


しばらくたってメトロノームと合わせるのに慣れてきたら、全ての練習ではなく時々、メトロノームを使わずに練習してみます。


なぜかというと、メトロノームとばかり練習してしまうと、いざソレをはずしてバンドで合わせて練習してみると、それまで一緒に合わせていたメトロノームがいないことによって不安になってしまうんです。


そして、その後に意識の問題の話になるのですが。



「自分がメトロノームに合わせているのではなく、自分のプレイにメトロノームが合っている」



という意識で最終的には持っていけるようにします。



僕の大好きな名ドラマーのスティーブ・ジョーダンがこう言っていました。



「メトロノームは敵じゃあないよ、友達だと思って付き合わなきゃ~」


つまりはそういうことだと僕も思います。



タイムキープは普遍的なものなだけに時間がかかってしまいますが、常にメトロノームと遊んでいればいつのまにか良くなっているものだと思います。


そんなわけで、スティックを購入したら次はメトロノームを購入してみましょ~~~♪


最近のメトロノームは進んでいて面白い機能とかついていていじるのも楽しかったりします(笑)



 

(2007年5月21日(月) 15:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ