全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ フットワーク♪

フットワーク♪

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。


さて、前回は僕がよくやるウォーミングアップを紹介したのですが、今回も僕がよくやる基礎練習を紹介したいと思います♪




フットワーク!!!



つまり、足の練習です。



現代ポピュラーミュージックにおいてのドラミングで土台となる音。


他の言い方をすると音程の低い太鼓は・・・・



足で踏むBASS DRUM(バスドラム、ベースドラム、人によって言い方は様々ですが全て一緒のもの)です。


音の階層があるとすれば、ハーモニーの土台となるのは、低い音です。

低い音が安定していないと上に乗る高い音もキレイに鳴りません。


つまり、ドラムをプレイする時にこのBASS DRUMはとても重要な音になります!!



そして




「足の練習は手の練習よりも10倍時間がかかる」




と言われています。



人間はサルみたいに(笑)日常生活で足は手ほどに細かい動きは要求されないために、手よりも不器用ですから当然っちゃあ当然ですよね~



この足の練習なのですが実はやることは前回とほぼ一緒の事をするんです。



一定のテンポで・・・・



シングルストローク
   ↓
ダブルストローク
   ↓
パラディドル
   ↓
シングルストローク
   ↓ 
パラディドル
   ↓
ダブルストローク
   ↓
シングルストローク
 
最初に戻る・・・・


をやるんです。



ちなみにまた補足説明をしますが

シングルストロークとは・・・

RLRLRLRL・・・(R・・・右、L・・・左)



ダブルストロークとは・・・

RRLLRRLL・・・



パラディドルとは・・・

RLRRLRLLRLRR・・・・



の手順で叩くことです。



もちろんフットワークの練習なのでこれを足でやります。

今回は手はお休みです。




ぶっちゃけこれは根気が要る練習です。

上記したように出来るようになるまで足は手の10倍時間がかかりますから(笑)


ですが、これは気楽にドラムが無いところでも出来ちゃうんです。


座っていればドコでも出来ますから(ただし、場所はわきまえないと周りの人の迷惑になりますから注意しましょう♪)。



これが出来るとかなり足のテクニックは向上します。



そして、注意しなくてはいけないことは無理はしないことです。


やり過ぎてしまうと腰を悪くします。


疲れたな・・・と思ったら躊躇せずに休みましょう。


ちょっとづつやれば身体も慣れてきて、長く出来るようになります。



そんなこんなで、安定したドラムは足から強化していきましょう~~~♪


 

(2007年5月11日(金) 2:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ