サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ フットワーク♪

フットワーク♪

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。


さて、前回は僕がよくやるウォーミングアップを紹介したのですが、今回も僕がよくやる基礎練習を紹介したいと思います♪




フットワーク!!!



つまり、足の練習です。



現代ポピュラーミュージックにおいてのドラミングで土台となる音。


他の言い方をすると音程の低い太鼓は・・・・



足で踏むBASS DRUM(バスドラム、ベースドラム、人によって言い方は様々ですが全て一緒のもの)です。


音の階層があるとすれば、ハーモニーの土台となるのは、低い音です。

低い音が安定していないと上に乗る高い音もキレイに鳴りません。


つまり、ドラムをプレイする時にこのBASS DRUMはとても重要な音になります!!



そして




「足の練習は手の練習よりも10倍時間がかかる」




と言われています。



人間はサルみたいに(笑)日常生活で足は手ほどに細かい動きは要求されないために、手よりも不器用ですから当然っちゃあ当然ですよね~



この足の練習なのですが実はやることは前回とほぼ一緒の事をするんです。



一定のテンポで・・・・



シングルストローク
   ↓
ダブルストローク
   ↓
パラディドル
   ↓
シングルストローク
   ↓ 
パラディドル
   ↓
ダブルストローク
   ↓
シングルストローク
 
最初に戻る・・・・


をやるんです。



ちなみにまた補足説明をしますが

シングルストロークとは・・・

RLRLRLRL・・・(R・・・右、L・・・左)



ダブルストロークとは・・・

RRLLRRLL・・・



パラディドルとは・・・

RLRRLRLLRLRR・・・・



の手順で叩くことです。



もちろんフットワークの練習なのでこれを足でやります。

今回は手はお休みです。




ぶっちゃけこれは根気が要る練習です。

上記したように出来るようになるまで足は手の10倍時間がかかりますから(笑)


ですが、これは気楽にドラムが無いところでも出来ちゃうんです。


座っていればドコでも出来ますから(ただし、場所はわきまえないと周りの人の迷惑になりますから注意しましょう♪)。



これが出来るとかなり足のテクニックは向上します。



そして、注意しなくてはいけないことは無理はしないことです。


やり過ぎてしまうと腰を悪くします。


疲れたな・・・と思ったら躊躇せずに休みましょう。


ちょっとづつやれば身体も慣れてきて、長く出来るようになります。



そんなこんなで、安定したドラムは足から強化していきましょう~~~♪


 

(2007年5月11日(金) 2:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ