全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ 毎日の日課~♪

毎日の日課~♪


こんにちは、講師の 遠藤たけし です。


さて今回は基礎の基礎なんだけど僕が練習やライブをやる前のウォーミングアップのうちの一つを紹介したいと思います。


スティックコントロールで、ドラマーの中では「あいうえお」的なモノなのですが。


シングルストローク
   ↓
ダブルストローク
   ↓
パラディドル
   ↓
シングルストローク
   ↓
パラディドル
   ↓
ダブルストローク
   ↓
シングルストローク
   ↓
最初に戻る・・・


これを繰り返します。


ちなみにシングルストロークとは・・・

RLRLRLRLRLRLRL・・・(R・・・右手、L・・・左手)



ダブルストロークとは・・・・

RRLLRRLLRRLLRRLL・・・(R・・・右手、L・・・左手)



パラディドルとは・・・

RLRRLRLLRLRRLRLL・・・(R・・・右手、L・・・左手)


の手順で叩くことを言います。



これを。。。

「同じテンポでアクセントをつけないで」

「音量(音の大きさ)が一定になるように」

「ストロークの変化時に崩れないように」


気をつけながら



そして、右手からスタートするのと左手からスタートするのを両方やります。


右手と左手をバランスよく練習するのはとても大切ですからね♪


そして、また更に重要なのが


「遅いテンポと速いテンポ両方ともやる」


なんです。


なぜかと言うと、遅いテンポでやると自分の一つ一つの動きを確認しながら出来るのに最適で、速いテンポでやるとスピードアップに最適だからです。



ストロークの基礎と言われている


「シングルストローク」、「ダブルストローク」、「パラディドル」。



基礎なだけに絶対におろそかには出来ないんですよね。


さぁ、レッツプレイ♪



 

(2007年5月7日(月) 23:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ