サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ タイムキープの...

タイムキープの練習法


みなさんこんにちは。講師の 遠藤たけし です。

さてさて、ドラマーの役割でとても重要なことの一つにリズムキープがあります。



ドラムには他の楽器を引っ張る役割があると平行して、一定のリズムでプレイをして、他の楽器の人達をまとめていかなくてはなりません。

ドラマーのテンポキープが出来ていないと、他の楽器もどのタイミングで演奏すれば良いのか分からなくなってしまい演奏がとてもごちゃごちゃしたものになってしまいます。


なので、ドラマーが一定のテンポで演奏するのがアンサンブルを行う上でとても重要になってきます!!



そこで、いくつかあるテンポキープの効果的な練習法の1つを今回は紹介したいと思います。



それは、



「自分のプレイをメトロノームと一緒に録音する」



です。




このメトロノームと一緒にっていうのがポイントです。


これはただ単にメトロノームを聞きながら録音するのではなく、



「メトロノームの音と自分のプレイの音両方聞こえるように録音する」



つまり、メトロノームの「ピッピッピッピ」と自分の叩いている音両方を録音するのです。



そうする事によって、自分がどのタイミングでメトロノームとズレているのか、録音してみるとスグにわかるんです。


スネアを叩くタイミングが早いのか、バスドラを打つタイミンが遅いのか。



人によって様々だと思いますが、録音をして第三者として冷静に聞いてみるのが一番のポイントです。



これは、ドラムセットを使わなくても十分に出来ることで、例えば・・・


家でメトロノームと一緒にパタパタ雑誌を叩いているのを録音してみるだけでも十分に効果が出ます!!!



実は、この練習は僕は今でもやっています。


長年続けている練習で、これはとても効果的なんです。



もしも、リズムキープに悩んでいる方がいたら是非お試しあれ~~~♪




 

(2007年5月5日(土) 0:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ