全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ ドラムのしくみ

ドラムのしくみ


こんにちは。講師の 遠藤たけし です。

さてさて、最近は専門用語が多くて内容がちょっとマニアックなブログになってしまっていたので今回はもうちょっとラフにいこうかと思います♪



ドラムに興味を持っているんだけど難しそうだな・・・と思う理由の一つに


「あんなに両手両足を別々に動かすことなんてムリでしょう・・・」 


という考えがあると思います。


僕も最初そう思いました。 


でも、やってみて思ったのは、別々に動いているように見えてもすべてが連立していて、両手両足一緒に動かさないと逆にやりづらい・・・ということです。


人は無意識のうちに両手両足別々のことをやっていたりします。

例えば、左手でお茶碗を持ちながら、右手でお箸を使って、足はビンボウ揺すりをしていたり(笑)。。。

歩きながら、何かを食べながら、携帯で喋ったり。。。


もっと細分化させると、人は歩くときに右足を前に出すときは左手は後に出し、左足を前に出すときは右手が後ろに出ます。

これと違うことをすると歩きづらくなってしまいますよね?


これと全く一緒で、ドラムはある一定の体の法則で演奏していると言っても過言ではありません。(中にはそういうのを超越しているバケモノも世の中にはいますが・・・それはまた別の話♪)



そして、よくリズム感が無い・・・と言う人がいますが。

誰にでもリズム感は持っていると思います。


なぜなら、「歩くこと」が出来るから!!!


そんなの当たり前じゃん・・・


って感じですが、本当にそういうことなんです。


リズム感が悪かったら、一定の速さで歩くことは出来ません。


体にハンデを負っている方は仕方の無いことですが、健康な状態でギッコンバッタン歩いている人なんていませんからね(笑)


難しく考える必要なんて無いんですよ~~。


なにより打楽器なのですぐに音が出てしまいますから♪


僕は常々こう思っています。


ドラムは年をとっても遊べるオモチャだと。




 

(2007年4月12日(木) 2:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ