全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ コピーすること

コピーすること


こんにちわ講師の 遠藤たけし です。

さて、今日は皆さんドラムをやっている方々なら必ずやったことのある練習方法なんですが、とても効果的な練習方法についてお話したいと思います。



「コピー」


これです。


コピーとは、バンドとかプロの人たちの演奏を真似ることです。

これをする事によって色々なネタを仕入れることが出来ます。


僕個人的にドラムを始めたばっかりの時には色々な人の演奏をコピーしました。


でも、しばらくするとバンドでオリジナルの曲をやり始めるとコピーをしなくなってしまいました。


しばらく誰かの演奏のコピーをしない日々が経ちました・・・



ある時、ドラムが伸び悩んでいるときに友達と一緒に今まであんまりやっていないジャンルの音楽のコピーをやってみようと言う事になり数年ぶりにあるバンドの演奏をコピーしてみると・・・・


驚いた事に、とても楽しく、しかもダイレクトに、手軽に、それまで思いつかなかったようなプレイを吸収できてしまったんです。



温故知新という言葉があるように。



コピーをすることで、人のやっていることを真似て、真似て、その上に自分のオリジナリティというのは出来上がってくるんだな。。。と改めて思いました。



今は、幸運な事にDVDやビデオテープなどが普及しています。


手軽に好きな人の演奏を映像で見ることが出来ます。


この恵まれている環境を利用しない手段はありません。



今でも、暇があるとDVDやビデオを見たり、CDなど聞いたりして好きなアーティストのプレイを完全にコピーします。(これが本当に難しい!!)



教則本などを使わなくても楽しくお手軽に練習できますから、初心者の方もちょっと行き詰っているな・・・と考えている方も、色々な人のコピーをしてみてはいかがでしょうか?


お勧めしますよ!!!!




 

(2007年4月24日(火) 0:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ