サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ 練習の秘訣

練習の秘訣

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。

みなさん良い音楽に日々出会っていますか?

さて、今回はT`sポケットドラムスクールの掲げる短時間で上達する練習方法の流れを少しだけ書こうと思います。

これは、アメリカで先生と相談したり自分の経験も含まれていて効果はかなりあると思います!!!

・・・・・・・・


前提として練習には無駄なことはないと思うんです。

でも、人にはそれぞれ生活があって練習出来る時間も限られてきます。

そこで、アメリカにいるときに先生によく言われたこと



「最低限の努力で最大限の練習を」



です。

まず、練習を開始したら


「出来ることはやらない」


・・・よくやってしまうんですがスタジオに入るとウォーミングアップがてら好きなように叩いていしまいがちです。

ちょっとだけならばいいのですが、ノッてくると10分も20分も遊んでしまうことになります。

それを続けてしまうと限られた時間を無駄に使ってしまいます。

だから、遊びたいのをぐっとこらえて練習を始めます。


以下は一例です。。。。

まず、手始めにルーディメンツ等のウォーミングアップから。

体が暖まってきたら「自分の苦手」な練習を始めます。

特に、頭を使うようなややこしい練習を一番初めに持ってくるのが良いです。

その次にフィーリング等の向上のためのニュアンスが含まれる練習。

その次に身体的にキツい練習。

まだ時間があったらCDの曲とあわせての練習。

このような流れで、脳みそを使う練習を始めにして後の方に身体的な練習をする。


色々試行錯誤してきましたが人間の構造としてコレが一番効率よく消化できるのだとわかりました。


具体的な練習方法は実際に教えることでしか言えませんが(笑)


・・・・・・・


補足すると、他にも大事なことは


「少しでも出来たら次の段階に進む」

「一気にやらないでチョットずつやる」

「でも、焦らずに」

この3つだと思います。

効率よく練習すればその分他の時間を有意義に使えます。

好きな音楽を聴くのも良いし、友達や恋人と楽しく時間を過ごすのも良い。

時間は限られているもの。


短時間で効果が表れてきたらこれほど嬉しいものはないですからね!!!!




 

(2007年4月1日(日) 0:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ