サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ ドラムセット

ドラムセット

こんにちは。 講師の 遠藤 たけし です。

前回はスティックについて書きましたが、今回はドラムセット全体について書きたいと思います♪


何回も言う事なんですが、僕は自分のドラムセットを持ったのはドラムで仕事をするようになってからなんです。


理由は簡単で、置くスペースがなかったから。

買ったとしても、近所迷惑になるから音を出せなかったんですね(笑)

毎回レンタルスタジオに持っていって組み立ててもよかったんですが、運ぶのに時間がかかるしセッティングするのも時間がかかるし、だったらいいや・・・ってことで必要になるまで買わなかったんです。



でも、今になって言えることはそれがとても良い経験になっています。


毎回違う楽器を使うと・・・


チューニングがうまくなる。(早くなる)


これに尽きます。



最初はやり方がわからなかったので楽器屋の店員などに聞きまくったり、本などを読んで色々研究しました。


今はおかげさまで毎回スタジオやライブハウスに行って、ドラムセットをチューニングするのが好きになってしまいました(笑)


もちろん、その楽器の種類、グレードによって出せる音が限られてきたりするんですが、そういうことも早く見極められるようになりました。


そして、次に言えることは



どんな楽器でも良い音を出せるようになった



です。



楽器というのは面白いもので、同じ楽器を使っても100人使ったら100種類の音が出ます。


毎回違うドラムセットを叩いていると、早い段階で、どこをどう叩いたらそのドラムで良い音を奏でられるかを見極めるのがバツグンに早くなります!!


(グレードの低いモノになると良い音のレベルも限られてきますが)


そして、もう一つ言えることは



毎回変わったことをして楽しめる



ということです。

慣れてくると、自分の叩きやすいセッティングがみなさん出来てくると思います。


勿論僕にもあるんですが、時々あえて使わないようなセッティングにして遊んじゃいます。


すると、不思議なことにいつものセッティングだと思い付かないようなプレイが出来て自分でもびっくりします。


こういう時にまた更に演奏するのが楽しくなってしまうんですね♪



僕の周りには毎回自分のドラムセットを持ち運ぶ友達がいます。


それはそれで、毎回発見もあって面白いことなんですが・・・


そのことに関しては後日。



もうちょっと突っ込んで話すとドラムが家になくてもいくらでも練習は出来るんですよね


雑誌を叩くんです。



僕も暇があると未だに家で雑誌をパタパタ叩いています。

雑誌を叩いてもリバウンドがありませんからスティックワークの練習にもなるんです。


ドラムセットがなくても代用できるものはいっぱいあります。


お金がなくても工夫次第でいくらでも練習はできます!!!


スティックさえあればなんでも出来るのさ!!!




 

(2007年3月22日(木) 17:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ