全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ 緊張感のあるラ...

緊張感のあるライブ

こんにちは。 講師の 遠藤たけし です。

さてさて、突然ですが

「ライブ中に緊張してしまって上手くできない」

と言うのをよく聞きます。

リハーサルではリラックスしているのに、いざライブになると硬くなってしまって・・・・



これは、僕も以前悩んでいた時期があったんです。

手が震えてしまって細かいプレイが出来なくなってしまう・・・・


ある時スティーヴ・ガッドのクリニックに行った時に本人が

「俺なんて、毎回緊張しているよ」

「人前で演奏するときは緊張しなくちゃ駄目だ! そういう状態でいないと人に伝えることは出来ないし、ハッとするような良いプレイは出来ないものなんだ」

「せっかく緊張しているんだから、その緊張を自分のプラスに持っていくように精神状態を持っていくのが楽しいんだよ」

この言葉を聴いたとき目から鱗が落ちるようでした・・・


たしかに、緊張感が感じられるものには人は目を引き付けられる・・・


それを聞いてからライブの時緊張しても怖くなくなりました。

緊張している状態から自分は何を作り出すことが出来るのか・・・こういうことを考えるようになり。今度は逆に緊張するのが楽しくなってきました。


ライブのとき緊張するのは良いことです。

普段考えつかない様なことが出来ちゃったりすんだから♪
細かいことは気にせずに、失敗したらそれを楽しんでしまいましょう~~

そんなわけで、レッツ・エンジョイ緊張♪

緊張なんて恐れるな! 味方につけてしまえ~~


 

(2007年4月7日(土) 19:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ