サイタ音楽教室ドラム教室東京 T`s・ポケットドラムスクール スクールブログ 緊張感のあるラ...

緊張感のあるライブ

こんにちは。 講師の 遠藤たけし です。

さてさて、突然ですが

「ライブ中に緊張してしまって上手くできない」

と言うのをよく聞きます。

リハーサルではリラックスしているのに、いざライブになると硬くなってしまって・・・・



これは、僕も以前悩んでいた時期があったんです。

手が震えてしまって細かいプレイが出来なくなってしまう・・・・


ある時スティーヴ・ガッドのクリニックに行った時に本人が

「俺なんて、毎回緊張しているよ」

「人前で演奏するときは緊張しなくちゃ駄目だ! そういう状態でいないと人に伝えることは出来ないし、ハッとするような良いプレイは出来ないものなんだ」

「せっかく緊張しているんだから、その緊張を自分のプラスに持っていくように精神状態を持っていくのが楽しいんだよ」

この言葉を聴いたとき目から鱗が落ちるようでした・・・


たしかに、緊張感が感じられるものには人は目を引き付けられる・・・


それを聞いてからライブの時緊張しても怖くなくなりました。

緊張している状態から自分は何を作り出すことが出来るのか・・・こういうことを考えるようになり。今度は逆に緊張するのが楽しくなってきました。


ライブのとき緊張するのは良いことです。

普段考えつかない様なことが出来ちゃったりすんだから♪
細かいことは気にせずに、失敗したらそれを楽しんでしまいましょう~~

そんなわけで、レッツ・エンジョイ緊張♪

緊張なんて恐れるな! 味方につけてしまえ~~


 

(2007年4月7日(土) 19:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAで年間ライブ170以上!実践豊富なコーチがドラムの楽しみ方を伝授

新着記事

こんにちは。 講師の遠藤たけしです。 今日は手と直接触れるものがスティックであるとしたら足と直接触れるもの「ペダル」についてお話したいと思います。 よく 「どのペダルを買えばいいのか分からない」 と言われるのですが 結論的に言えば 「使い慣れてしまえ...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 今回はライブで僕がとても気をつけていることの一つをお話します。 過去のブログでも何度かお話したことなのですがテンポの事です。 普段スタジオで練習している時とライブで人前で演奏する時、 同じテンポを出しているつもりでも...

こんにちは講師の 遠藤たけし です。 さて、今日は家でも出来る練習のお話をしたいと思います。 僕がドラムを始めたばかりのころはスティックを買ったけれどほかには何もありませんでした。 練習パッドなんて物の存在も知りませんでしたし、何をやっていいのかさえわかりませんで...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 さてさて、今日は叩くときの音量についてお話したいと思います。 ドラムセットって派手なものですよね。 そしてイメージとしてドラムって派手に叩いてストレス解消になりそうですよね? ドラムは生楽器なので叩...

こんにちは、講師の 遠藤たけし です。 前回カウントについて書いたのですが、もう一つどうしても書いておきたいことがあったので今回も同じ題目 「カウント」 について書きたいと思います。 カウントというのは前回記入したようにアンサンブルをする時、多くの機会で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ