全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 歌が上手くなり...

歌が上手くなりたい

歌を上手く歌えるようになりたいです。

歌に関してはず~っとコンプレックスを感じています。

20代の時にバイト先の社長と他の社員の人達と一緒にカラオケに行ったのですが歌っている最中に

「お前はもういいよ」

といってマイクを取り上げられたことがあります。

それ以来人前で歌おうとすると胃のあたりがキューっとなります。完全にトラウマになっていますね(笑)。

もっともこの時は私の歌が下手で歌を中断させられたというよりも、知らない歌だったので全然歌えなかったからというのが主な理由ですが、それでもカラオケで「何か歌いなよ」と言われると今でも冷や汗が出て心拍数が上がります(笑)。


「歌が上手くなりたい」とただ念じていても上手くはならないので、なるべく声は出すようにしています。ご無沙汰バンドでは積極的にコーラスを取るようにしていますし、自宅ではWii Uのカラオケでちょくちょく歌うようにしています。


それにしても歌って本当に難しい...。

別にピアノを習っていたので音痴と言うわけではありませんが、人が聴いて感動してくれるような感じでは全然歌えません。ただ音程のついた声が出ているだけ、という感じ。

ドラムだったら腕の使い方とか指の使い方などを目で見て確認することが出来ますが、歌の場合は喉(声帯)や横隔膜をどうやってコントロールしているのかが視覚で確認出来ないため、自分の歌い方が正しいのか、間違っているのか、間違っているならどこがどう間違っているのか、などがつかみづらいです。


あと歌の上手い人がくれるアドバイスが正直よくわかりません。

「喉を締めないで」

と言われても、そもそも喉が開いた状態が分からないので開きたくても開けません。

「頭のテッペンから声を出すように」

とか言われても

「頭のテッペンからなんて声は出ないし...」

とスネたくなります(笑)。


なにかもっと画期的なボーカルトレーニングの方法ってないんですかね。

地道に試行錯誤しながらやるしかないのかな。

歌の上手い人は本当に尊敬します。

 

(2014年6月11日(水) 10:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ